アーカイブ

0120-707-355 メールでのお問い合わせはこちら
一般法律相談予約はこちらから
多重債務相談予約はこちらから
取扱業務
法律相談
交通事故
離婚
借金
相続
不動産
売買
賃貸借
請負
会社
労務
刑事問題
よくある質問
リンク集
用語集
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
交通事故専門サイト
離婚専門サイト
中小企業法律相談専門サイト
Twitter
Facebook
google+
山崎法律事務所


〒860-0801
熊本市中央区安政町4番19号
TM10ビル7階
TEL:096-274-1860
FAX:096-274-1861
【営業時間】9:30~17:00

当事務所へのアクセスはこちら>>

山崎法律事務所からのお知らせ
弁護士コラム「ナズナ想」
side_qr.gif


求人募集

HOME > 弁護士コラム「ナズナ想」 > 刑事事件 > 線路逃走

弁護士コラム「ナズナ想」

< 「コウノトリのゆりかご」設置から10年  |  一覧へ戻る  |  子どもの脳死 >

線路逃走

日付が変わって昨日(平成29年5月11日)は,毎月恒例の日弁連(日本弁護士連合会)の会議で,東京に出張していました。
羽田空港から東京モノレール,JR(山手線,京浜東北線),東京メトロ(丸ノ内線)を乗り継いで,霞ヶ関駅のB何番かの出口から出ると,弁護士会館の地階入口から弁護士会館に入ることができ,ほとんど空の下に出ることなく移動できます。
気候に左右されることなく移動できることは助かります。
ところで,11日朝,痴漢の疑いをかけられた男性が,新橋駅から線路に降りて走って逃げたそうです。
新橋駅は,私が羽田空港から弁護士会館に向かう途中にある駅ですので,もう少し早く東京に着いていたら,この騒動に巻き込まれていたかもしれません。
ところで,私は,身に覚えがないのに,痴漢の疑いをかけられたときには,速やかにその場から逃走するべきだと考えています。
痴漢冤罪を取り上げた,周防正行監督による「それでも僕はやっていない」は,決して誇張したフィクションではありません。
あの映画のようなことは,日常茶飯事に起こっています。
そして,痴漢されたという女性の前で,いくら身の潔白を証明しようとしても無理です。
安倍晋三首相が「悪魔の証明」という言葉を使ったので,この言葉を知っている方も増えたかもしれませんが,「存在しない」ものを「存在しない」と証明することは不可能に近いことです。
理屈には,痴漢したと疑ってる人が,疑われている人が痴漢をしたことを証明しなければなりません。
しかし,現実には,無罪の人が,自らの無罪を証明しなければならないような構造になっています。
痴漢冤罪も例外ではありません。
そして,逮捕されると,無条件で72時間は身柄を拘束されます。
家に帰ることも,仕事に行くこともできません。
そして,さらに10日間,場合によってはさらに10日間,身柄を拘束されます。
これを勾留と言います。
勾留は,検察官が公判請求(起訴)した後も続きます。
起訴されると,保釈といって,身柄を解放される制度はあるのですが,起訴された事実について,無罪を主張していると,裁判所は保釈を認めてくれません。
無罪を主張している人は,本当に無罪かもしれないわけですから,早く身柄を解放する必要があるはずなのに,裁判所は,無罪を主張しているという理由だけで,保釈を認めません。
誤解を招く表現ですが,初犯の痴漢程度であれば,たとえ有罪であっても,執行猶予がついて,刑務所に行かなくてもすむ可能性は十分にあります。
それでも,裁判所は,保釈を認めないのです。
そして,刑事裁判の有罪率は,99%です。
すると,痴漢と疑われたときには,とりあえず死にものぐるいで逃げるのが一番良い選択肢だと思います。
ただ,線路を逃げるのは,とてもリスクがあります。
線路を逃げることは,当然のことながら,列車の運行に影響を与えます。
それによる損害が発生します。
損害が発生すれば,賠償を求められます。
その金額たるや,一般的なサラリーマンの年収を遙かに超えるはずです。
そのような損害賠償請求裁判が起こされたというニュースはまだ聞いていません。
しかし,鉄道会社も対策をすることでしょう。
鉄道にも防犯カメラを設置する日も遠い将来でないかもしれません。
もう少し賢い逃げ方を考えなければならないでしょう。
 

カテゴリ:

< 「コウノトリのゆりかご」設置から10年  |  一覧へ戻る  |  子どもの脳死 >

同じカテゴリの記事

当番弁護士

DSC_0296.JPG


 2つのカバンがあります。
それぞれ違う当番のカバンです。
1つはPTAの当番で,明日がその当番です。
もう1つは熊本県弁護士会の当番です。
今日,その当番でした。
当番弁護士といいます。
当番弁護士というのは,犯罪の疑いをかけられて警察に逮捕されたときに,弁護士が,1度だけ,無料で,留置場などで面会して,必要なアドバイスをする制度です。
この制度は,熊本県弁護士会だけの制度ではないので,お住いの地域の弁護士会でも,行われているはずです。
私の経験の1つですが,逮捕されてすぐの方から出動要請があり,当番弁護士として駆け付け,依頼を受けて弁護人に選任され,裁判官と交渉して,勾留を回避して釈放してもらい,被害者との間で示談を成立させて検察官が不起訴処分にしたというものがあります。
さて,この当番弁護士は,無料で利用することができます。
逮捕された方や出動を要請した方に負担をお願いすることはありません。
お気軽に要請してください。
ただ,当番弁護士を利用できるのは,1回のみです。
何回も呼べるわけではありません。
そこは覚えていてください。
弁護士が,1回だけ,無料で,留置場に駆けつけて,逮捕された方にアドバイスする制度が当番弁護士です。
熊本県弁護士では,090-3661-3133に電話をすると,当番弁護士の出動を要請できます。
逮捕された方のご家族の方も,この電話番号に電話をして,当番弁護士の出動を要請することができます。
もちろん,逮捕された方自身も当番弁護士の出動を要請することができます。
逮捕された方が,警察官,検察官に当番弁護士の出動を要請すれば,警察官,検察官は,弁護士会に連絡します。
弁護士に対する苦情であれば,弁護士会の市民窓口をご利用ください。
法律相談であれば,法律相談センターをご利用ください。
ご家族が逮捕されて心配な方は,090-3661-3133に電話をしてください。
弁護士が駆け付けます。 




 


家族

千葉県でベトナム国籍の小学生が殺害された事件で,被疑者逮捕されました。
9歳の娘さんを失った悲しみは,想像するにあまりあります。
平成29年4月14日午前9時より前に被疑者逮捕状請求のニュースが流れました。
そして,午後9時頃,逮捕のニュースが流れました。
そのころは,被疑者の年齢と付近に住んでいるという情報のみが報道されていました。
時間を追うごとに報道される内容は詳しくなっていきました。
被疑者の指名,被疑者が被害者が通う小学校の保護者会の会長をしていることなど。
被疑者が被害者の通う小学校の保護者会の会長をしているということは,被疑者の子どもも被害者と同じ小学校に通っていること,そう思いました。
小学校の教職員は,今回の報道をどのように児童に説明するのでしょう。
被疑者の子どもは,いじめられることはないのでしょうか。
先ほどのニュースでは,例によって,被疑者の自宅の映像まで流れていました。
殺人は,現代の日本社会において,最も憎むべき犯罪です。
殺人を犯すような親を持つ子どもは,そのことでいじめられても仕方がない。
そう思われますか?
制度的にもそのような考え方が当たり前の時代もあったようです。
豊臣秀次の家族は,その日に嫁いできたばかりで生きている秀次の顔も見たことのない側室に至るまで,京の三条河原で斬首されたそうです。
現代の法律は?
現代の法律は個人責任主義です。
自分のしたことの結果について責任を負うのが原則です。
しかし,今回のような報道で,被疑者の子どもも社会的制裁を受けるような結果になります。
しかも,法律的制裁と違って,罪刑法定主義などの制約はありません。
気になっているところです。
といっても,被疑者の子どもがどうなっているかということを報道してほしくはありません。



新聞社も勉強しましょうよ

保釈率が10年で倍増しているというニュースがありました。
ただ,このニュースで気になるのが,「犯罪防止に課題」?
保釈というのは,起訴された後も勾留されている被告人について,身柄を解放する制度です。
そして,被告人は,無罪なんです。
なぜなら,被告人は,裁判所から有罪の判決を受けていないからです。
有罪の判決を受けるまでは,被告人は,無罪の推定を受けます。
これは,刑事訴訟法という法律での大原則です。
その無罪の推定を受けているはずの被告人が身柄を拘束されているのです。
それはなぜでしょうか。
これは,被告人が,公判に出頭しないことを防ぐためです。
ですので,被告人は,原則として,保釈されるべきなのです。
刑事訴訟法の規定も,原則として保釈されるとなっています。
しかし,現実の運用では,原則と例外が逆転していて,保釈されないことが原則のようになっています。
このような手続を人質司法と呼びます。
保釈を許可されたければ,警察・検察の気に入る調書に署名・指印しろと言うことになります。
このような人質司法によって,早く社会に出たいがために,やってもいないことを認める虚偽自白を誘発してきました。
人質司法の打破のためにも,保釈率の増加は,望ましいことですし,何よりも法律の理念に適合しています。
さらには,勾留は,公判への出頭確保のために行われているのであり,犯罪防止のために行われているものではありません。
犯罪防止のために行われている勾留なんて我が国の司法制度にはありません。
このニュースは,ある大新聞のデジタル版で配信されていました。
日本を代表する新聞社の1つなのですが,司法制度については,大学の法学部学生にも満たない見識しかないようです。
 

高畑淳子さんの記者会見を聴いて思うこと

日付が変わって昨日,高畑淳子さんの記者会見を移動しながら聴きました。
成人した息子の不始末に親が出てきて記者会見をする必要があるかどうかという話はあります。
しかし,その話はここではおいておきます。
高畑淳子さんの記者会見は,誠実かつ責任のある態度だったと感じた方も少なくないように思います。
そして,その記者会見の内容は,被害者対応において,模範的ともいえました。
まず,冒頭で,被害者に対して謝罪をしました。
そして,記者会見の全体を通して,被害者に対する謝罪の気持ちを表していました。
ともすると,同情を引こうとして,ご自身の都合を蕩々と述べる方もいらっしゃいます。
高畑淳子さんの場合,女手一つで育ててきたのですから,それなりのご苦労があったはずです。
しかし,女手一つで育てたという事実は,被害者にとって関係のない事実です。
被害者に対する謝罪において,被害者に対して謝罪をしなければならないのに,そのような被害者にとって関係のないご自身の都合を述べることは,厳に慎むべきと考えています。
高畑淳子さんは,記者会見で,その事実には一切言及しませんでした。
これは,非常に良いことです。
さらに,高畑淳子さんは,留置場での面会の際,留置されている息子さんに対し,ご自身が母親としてサポートすることを伝えたそうです。
罪を犯した人が更生するために,そのサポートをしてくれる人の存在はとても重要です。
それ以上に,逮捕拘留され,自らが存在価値がないとさえ考えているような状況の下で,家族で居続けるというメッセージは,更生にとって役立つはずです。
ご家族が逮捕拘留されたとき,甘えさせるべきではないということで,面会にさえ行かないこともあるかもしれませんが,これは,更生にとって,とても大きなデメリットになると思います。
息子さんに接見した弁護士のアドバイスもあったのかもしれません。
他方で,記者の質問で,被害者に謝罪に行ったのかというものがありました。
芸能記者というのはその程度の見識なんですね。
被害者に対する謝罪,特にわいせつ事犯の被害者に対する謝罪については,被害者の身上に十分に配慮して,慎重に行動する必要があります。
拙速に押しかけるものではありません。
高畑淳子さんの記者会見を聴きながら,そのようなことを感じました。 

保釈

帰宅途中のラジオから,清原和博さんが保釈されたニュースが流れてきました。
私は,清原和博さんの弁護人ではありませんので,気楽な立場で制度を少しご説明します。
保釈というのは,簡単に言うと,一定のお金を積んで拘置所,留置場から出してもらう制度です。
清原さんが保釈されたということは,清原さんが起訴された事実について認めていると思われます。
起訴された事実を認めていないということを否認といいます。
否認をしているとき,私の経験では,裁判所は保釈を認めません。
少なくとも,起訴されてすぐに保釈を認めることはないと思います。
否認しているということは,その起訴された人には濡れ衣が着せられている可能性があります。
認めている人以上に,保釈の必要性があるといえます。
しかし,裁判所は保釈を認めようとはしません。
「人質司法」という言葉があります。
自由を束縛して,社会から隔離して,そして自白を引き出す。
それが伝統的な刑事司法です。
再審で有罪主張を検察官が放棄した大阪女児放火殺人事件は,人質司法の恐ろしさを如実に物語っています。
しかし,裁判所にも,検察官にも,この事件からは何も学んでいません。
この事件だけではありません。
氷見事件からも,足利事件からも,何も学びません。
ですので,清原さんが保釈されたということで,清原さんが起訴された事実を認めていることがわかります。
ちなみに,保釈金の500万円という金額は,少し高めかなという金額です。
保釈金は,昨今は,150万円は最低でも必要です。
私も,100万円の保釈金で保釈を許可されたことがありますが,同時期に,他の裁判官がその金額が低すぎるといって,別の被告人については150万年で保釈を許可したことがあります。
そして,1事件が150万円ですので,覚せい剤所持と覚せい剤自己使用の2事件と考えると300万円が一般的な保釈金の金額と考えますので,少し高めかなという感じです。
ちなみに,保釈されることと執行猶予がつくことには直接の関連性はありません。
保釈が許可されていても,執行猶予がつかなかったことはあります。
ただ,清原さんは,今回が初めての刑事裁判ですので,執行猶予がつく可能性は低くないのではないでしょうか。
弁護人だと,守秘義務などでお話しできないことも多いのですが,そうでないと,無責任にお話しできるものです。

このページのトップへ