アーカイブ

0120-707-355 メールでのお問い合わせはこちら
一般法律相談予約はこちらから
多重債務相談予約はこちらから
取扱業務
法律相談
交通事故
離婚
借金
相続
不動産
売買
賃貸借
請負
会社
労務
刑事問題
よくある質問
リンク集
用語集
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
交通事故専門サイト
離婚専門サイト
中小企業法律相談専門サイト
Twitter
Facebook
google+
山崎法律事務所


〒860-0801
熊本市中央区安政町4番19号
TM10ビル7階
TEL:096-274-1860
FAX:096-274-1861
【営業時間】9:30~17:00

当事務所へのアクセスはこちら>>

山崎法律事務所からのお知らせ
弁護士コラム「ナズナ想」
side_qr.gif


求人募集

HOME > 弁護士コラム「ナズナ想」 > 雑談 > 子連れ

弁護士コラム「ナズナ想」

< 世間をご存じない。  |  一覧へ戻る  |  保険 >

子連れ

熊本市議の子連れ登院が話題になっています。
この市議は,仕事と育児の両立をアピールするため,お子さんを連れて登院したそうです。
すると,この行為は,政治的表現と評価できそうです。
憲法21条により保障されている表現の自由の行使といえないこともなさそうです。
熊本市議会は,どのような判断を下すのでしょうか。
ところで,私も子どもを連れて裁判所に行ったことがあります。
大雨の渋滞で,保育園によっていては裁判に遅れそうになったときに,裁判所に連れて行ったことがあります。
そのほかにも,熊本地震で学校が休校だったとき,小学校が夏休みで面倒を見てくれる人がいないときにも連れて行ったことがあります。
裁判の手続きには,弁論手続と弁論準備手続があります。
弁論手続は,公開の法廷で行われる手続ですので,誰でも傍聴をすることができます。
ですので,傍聴席に静かに座っていられるのであれば,子どもを連れて行っても差し支えがありません。
これに対し,弁論準備手続は,非公開の部屋の中で主張や証拠の整理を行う手続です。
非公開ですので,裁判所が許可しなければ,代理人,当事者以外の者が入室することはできません。
交通事故の裁判では,相手の保険会社の担当者が入室を許可されることがあります。
弁論準備手続で,1回は裁判所の許可を得て,部屋に連れて入ったことがあります。
このとき,子どもが幼いほど,許可されやすいように思います。
なぜなら,そこで何が行われているのかを理解できる年齢にはなっていないほど,許可されやすいと思います。
北海道の弁護士で,乳児を抱えて法廷に入った経験を持つ方もいらっしゃるそうです。
個々の裁判官の判断ですので,融通が利くこともあります。
ちなみに,弊事務所でも,お子様連れでご相談,打ち合わせに来られる方もいらっしゃいます。
そのようなとき,保育士の経験を持つ弊事務所事務員がお相手させていただいています。
 

カテゴリ:

< 世間をご存じない。  |  一覧へ戻る  |  保険 >

同じカテゴリの記事

保険

先日,プライベートなことでちょっとした賠償トラブルになりそうな出来事がありました。
私の方が賠償請求されるかもしれない出来事でした。
私は,個人賠償保険も契約をしていますので,早速,保険会社に連絡をしました。
保険会社から保険対応してもらえるトラブルと説明をされました。
それから,1ヶ月くらい経つのですが,相手の方から何の音沙汰もありません。
おそらく,その方の思い違いだったのでしょう。
このようなトラブルに巻き込まれそうになったとき,個人賠償保険はとても心強いです。
子どもが幼いとき,子どもの行為でお店の高価な展示品を壊したときを考えて,保険契約をしました。
現在は,犬を飼っていますので,犬が噛んだときに備えています。
もちろん,そのようなことが起きないように予防することが大切です。
ただ,思いがけない事故が起こることがあります。
そのようなとき,個人賠償保険を契約していると安心です。
お子さんが自転車通学をしているご家庭などは,個人賠償保険の契約をされていることをお奨めします。
ところで,私の契約している保険には,弁護士費用特約もついています。
この弁護士費用特約は,交通事故のときに利用するものが多いのですが,私が契約している特約は交通事故に限らず,日常生活嬢のトラブル全般で利用できるものです。
件の出来事が賠償トラブルに発展したときには,弁護士費用特約を利用して,ほかの弁護士に依頼しようと思っていました。
私自身が弁護士なのにほかの弁護士に依頼するのは奇異に思われるでしょう。
私は,過去,私自身が請求者となって裁判を起こしたことがあったのですが,私自身のことでの裁判を行うことは,私にとってとても面倒なものに感じました。
裁判手続きや交渉は,他人に任せた方が楽だと実感しました。
 

現地調査

先週は出張が2つもありました。
1つは,日弁連での会議に出席するためでした。
毎月恒例の出張です。
もう1つは,現地調査です。
現地に行ってその状況を確認したりするものです。
今回の現地調査は,飛行機で往復4時間かけて移動しました。
調査自体は,数分で終わりました。
よくあることではあります。
現地に行ってみたからこそわかることもあります。
今回の現地調査でも,行く前には思いもしなかった収穫がありました。
弊事務所では,天草地域,阿蘇地域,水俣地域及び熊本県外に出張するときには,依頼者の方に交通費の負担をお願いしています。
今回の現地調査も,依頼者の方に交通費の負担をお願いしました。
必要があれば,そして,交通費をご負担していただければ,どこまでも行きます。
たとえ海外であっても行かせていただきます。
そのときには,交通機関の費用だけでなく,宿泊費や現地ガイド・通訳の費用のご負担をお願いしなければなりませんが。
 

「あなたの方が悪い」

「話を聞いていてあなたの方が悪いと思うことがありますか?」
そんな質問を受けたことがあります。
ないです。

司法修習生時代,珍しく離婚の依頼を受けたところ,その依頼者が悪いと思い,その依頼者に対して「あなたが悪い」といって解任されたという話を先輩弁護士から聞いたことはあります。

私は,その先輩弁護士に比べて,倫理観が乏しいのかもしれません。
ただ,私が倫理観の乏しい弁護士でこの話を終わらせるわけには生きませんので,言い訳をさせてください。

私が依頼を受けるとき,その依頼者の権利や利益をどうして守るか,その依頼者の権利や利益をどうして実現するかを考えます。
そのような考え方で依頼者のお話を聞きます。
すると,お話の内容は,2つに分けることができます。
1つは,依頼者の権利・利益を守り,実現するために役に立つ話です。
相手を攻撃する武器になり得る話です。
もう1つは,依頼者の権利・利益を守り,実現するためには邪魔になる話です。
これは,相手からの攻撃対象になるところですので,防御しなければなりません。
このように,攻撃手段,防御手段としてお話を聞きますので,そこに良い悪いという評価を加える余地はありません。
防御しなければならないところは「悪い」という評価をするところになり得るところですが,「悪い」と評価しても依頼者の権利・利益を守り,実現することには何もプラスにはなりません。
かえって,そこで思考が止まって,依頼者の権利・利益を守ることを阻害しかねません。
弁護士である私が判断者である必要はありません。
弁護士は,依頼者の権利・利益を守ることがその役割ですから。

ですので,「あなたの方が悪い」と思わないのは,私が倫理観の乏しい弁護士だからというわけではないのです。
 

警視庁高井戸警察署事件

弊事務所は,明日まで夏期休業をいただいており,通常業務は明後日より再開します。
ご迷惑をおかけしますが,なにとぞご理解,ご了承ください。
 

さて,東京の警察で,万引き容疑で任意の取り調べを受けていた中学生に対し,犯罪社会集団の構成員と見まがうほどの発言を警察官がしていたことがマスコミを賑わしていました。
しかも,この警察官たちは,無実の少年を自白させたのですから,警察内部の評価としては優秀なのだと思います。
だから,処分も厳重注意程度の軽いものに済ませたのでしょう。
この出来事は,いかに自白が当てにならないものであるか,警察は無実の人間をも自白させることができる技術,能力を持っていることが社会的にも明らかになったのではないでしょうか。
ちなみに,熊本県内の警察署の取調室には,携帯電話,ICレコーダーの持ち込みを禁止する張り紙が貼られているようです。
録音されたくないことがあるのでしょう。
ただ,この張り紙には法的拘束力はありませんので,どんどん録音するべきです。
捜査官に見つかれば取り上げられるでしょうが。

この出来事で救いだったのは,この中学生の親御さんが,この中学生を信じていたことでしょう。
このようなとき,親御さんも警察と同じ立場になって,お子さんを責めることも起きる危険があります。
しかし,この親御さんは違っていました。
すばらしいことだと思います。
子どもは嘘をつく。
よく聞くことです。
ちなみに,ある裁判官は,刑事部の部総括裁判官のとき,子どもが嘘をつくわけがないという趣旨の判決を書いています。
この裁判官のような考え方を持っているのなら信じてくれるのでしょうが,大抵の方は,子どもが嘘をついているかもしれないと思ってしまいます。
ただ,そのようなとき,だまされる覚悟も必要と思います。
ある家裁の裁判官が,今回はだまされてもよいと思ったと,少年審判の終わった後に,そっと話してくれたことがありました。
だまされる覚悟を持つことと,心から信じることは違うことでしょう。
ただ,どちらにしても,お子さんを救う可能性を残していると思います。
今回の出来事には,そのような救いを感じました。。
 


続きのお話

昨日のお話の続きです。
帰りは阿蘇を通って帰るルートを選びました。
ナビに従って運転をしました。
阿蘇に入りました。
ところが,ナビに従って走っていたところ,山道に入り込んでしまいました。
前方の道が土砂に覆われていました。
前に進むことができません。
仕方がありません。
切り返していたところ,左前輪が脱輪してしまいました。
私の力,技能ではどうすることもできないことはすぐにわかりました。
何とかしようともがいてもどうしようもないのにプロフェッショナルがすぐに解決する場面を多く経験していました。
私は,コールセンターに電話をして,すぐにロードサービスを依頼しました。
そして,ロードサービスの方が来てくれて,手際よく救出してくれました。
やはりプロフェッショナルです。
ロードサービスの方の話では,ご自身で何とかしようとして,事態を悪化させている方もいらっしゃるらしいです。
ご自身で何とかしようとして,事案を複雑にすることもあります。
早めにご依頼いただければ,不必要なご苦労をしなくてもよかったと思われることもあります。
ところで,その道でロードサービスに救助を求めたのは,私で4人目だそうです。

ちなみに,前方の道を覆っている土砂は,昨年の熊本地震で流出した土砂だそうです。
その道の先には家があったそうですが,その流出した土砂につぶされ,お住まいの方が亡くなられたそうです。

 

このページのトップへ