アーカイブ

0120-707-355 メールでのお問い合わせはこちら
一般法律相談予約はこちらから
多重債務相談予約はこちらから
取扱業務
法律相談
交通事故
離婚
借金
相続
不動産
売買
賃貸借
請負
会社
労務
刑事問題
よくある質問
リンク集
用語集
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
交通事故専門サイト
離婚専門サイト
中小企業法律相談専門サイト
Twitter
Facebook
google+
山崎法律事務所


〒860-0801
熊本市中央区安政町4番19号
TM10ビル7階
TEL:096-274-1860
FAX:096-274-1861
【営業時間】9:30~17:00

当事務所へのアクセスはこちら>>

山崎法律事務所からのお知らせ
弁護士コラム「ナズナ想」
side_qr.gif


求人募集

HOME > 弁護士コラム「ナズナ想」 > 相続 > 初盆

弁護士コラム「ナズナ想」

< 調停成立のコツ  |  一覧へ戻る  |  弔意 >

初盆

弊事務所は,明日まで夏期休暇をいただいています。
みなさまにはご迷惑をおかけしますが,ご容赦ください。
さて,今年はさるご依頼者の方の初盆でした。
ゴールデンウイークに入る直前にお亡くなりなりました。
私に,遺言書の作成と,その遺言の執行を依頼していました。
遺言書は,作成した方がお亡くなりになった後に日の目を見ます。
そのとき,相続人の方々がどのような反応をするのか,現実に目にすることはできません。
その方の死後,少しも相続争いが起こらないように。
そのように託されました。
遺言書の中には,新たな争いを起こすものもあります。
そのようなことが起きないように。
相続開始後,ご心配されていた混乱が起きることがありませんでした。
ご依頼者の方も喜んでくださっていらっしゃると思っています。
 

カテゴリ:

< 調停成立のコツ  |  一覧へ戻る  |  弔意 >

同じカテゴリの記事

理屈だけではない話

私は弁護士です。
弁護士は理屈,特に法律の理屈で問題を解決することを業としています。
しかし,理屈だけでは解決できない手続があります。
交渉というのは,理屈だけでは解決できない手続だと思います。
訴訟手続のような裁判官という第三者が判断する手続の場合,この第三者である裁判官を説得しなければなりません。
そこでは,法律の理屈に叶った主張をしたり,この主張を裏付ける証拠を提出して,有利な判断を求めます。
しかし,交渉では,違う仕組みがあります。
交渉では,提案を受けた人に決定権があります。
ある物を100万円で売るという提案をしたとき,その提案を受けた人が,その物を100万円で買うと決定をすると,この提案に基づいて合意が成立します。
交渉が成立するということです。
提案を受けた人が拒否すれば,交渉は成立しません。
このようにお話しすると,当たり前のことと聞いていただけると思います。
しかし,その当たり前のことが当たり前と思えなくなることがあります。
たとえば,交通事故の示談交渉です。
加害者の保険会社から示談案が提案されます。
その案で示談を成立させるか否かの決定権は被害者にあります。
しかし,これに対して,その示談案からの増額を要求するとき,これは被害者からしますので,その決定権は加害者の保険会社にあります。
いくら,その金額が予想される判決から見ても相当であると思われても,保険会社が是としなければ,増額した金額で示談は成立しません。
だから,いわゆる「査定」的な意見のみを得ることはほとんど意味がありません。
その「査定」された金額を持って保険会社と交渉しても,示談交渉が成立することはほとんどありません。
そのため,被害者を代理して自賠責を越える示談交渉をすることができない行政書士や自治体の相談員は「査定」的な意見を言わないようです。
交渉というのは,交渉当事者双方が,それぞれメリットを感じなければ,交渉は成立しません。
自らの要求を相手に丸呑みさせる手続ではありません。
その要求を丸呑みしてもメリットがあるような場合でなければ,相手は丸呑みしません。
法律の理屈が通れば相手は要求をのむなんてことはほとんどありません。
ごめんですめば警察はいらないという言い回しがありますが,交渉が法律の理屈だけで成立するのであれば裁判所はいりません。
離婚や相続の調停も同じです。
調停は,裁判所の調停委員が間に入る交渉です。
調停委員が裁判官のように決定することはありません。
調停の相手方が提案を受け入れることができなければ,調停は成立しません。
調停では,法律の理屈を知っているべきです。
しかし,法律の理屈だけで調停を成立させられるわけではないと思います。


お導き?

遺産分割協議書を完成させるためには,相続人全員の実印と印鑑登録証明書をいただく必要があります。
例えば,甲という方がなくなって,A,B,Cという3人が相続人であれば,このA,B,Cの3人の実印と印鑑登録証明書をいただく必要があります。
では,Aさんが亡くなっていたら。
Aさんが甲さんより先になくなっていたら,Aさんは甲さんを相続することができません。
ただ,代襲相続ということは起きます。
Aさんが甲さんよりも後になくなったら,Aさんは甲さんを相続することができます。
そして,Aさんが相続した甲さんの財産を,Aさんの相続人が相続します。
Aさんが亡くなる前に,遺産分割協議書を完成させることができていなければ,Aさんの相続人の実印と印鑑登録証明書も,甲さんの遺産についての分割協議書を完成させるために,必要になります。
今日,Aさんの相続人の方の実印と印鑑登録証明書をいただくことができ,甲さんの遺産についての分割協議書を完成させることができました。
今日は,私のスケジュールの関係で,私から提案させていただいた約束でした。
しかし,今日がAさんの命日であったことは,知りませんでした。
「お導き」でしょうか?
写真は,そのAさんの相続人の庭にある池に咲いていた水蓮です。


CIMG5832.JPG


書初めに遺言書作成を

RKKラジオ日曜日午後4時50分からの「お尋ね下さい!山崎です!」を聞いていただいた方で,その12月28日のRKKラジオ土曜日午後5時50分からの「にわか法律相談所」を聞かれた方は,少し驚かれたかもしれません。
「お尋ね下さい!山崎です!」では,12月22日と12月29日の2週にわたり,「書初めには遺言書作成を」という話を,平成24年に引き続いて行いました。
正月には,「1年の計は元旦にあり」といわれるように心が改まる時期で,かつ,ご家族が集まります。
このようなときにこそ,ご自身とご家族の来し方行く末を考え,遺言書を作成するべきです。
ここでも,平成22年1月3日に「書き初めに 」,平成24年1月4日に「遺言書作成の季節 」,平成25年1月2日に「書き初め 」でお話ししていますので,その頃からお読みの方にはおなじみの話題です。
実は,12月28日の「にわか法律相談所」でも,「正月に遺言書を」という話題でした。
専門家としては当然の発想だったということでしょうか。
お子さんが多いなど相続人になるべき人が多いであるとか,連れ子再婚や婚外子がいるなど家族構成が少し複雑な方であるとか,相続財産に不動産が多い方は,深刻な相続争いが起こる危険性があります。
会社のオーナー社長であれば,後継問題も起こります。
認知や未成年後見人の指定などの身分関係のこともできます。
そして,きちんと形式を整えていれば,自筆証書遺言書で有効に行うことができます。
無理に公正証書遺言書にする必要はありません。
是非,書初めに遺言書を作成してください。

最後に,この1年のご愛顧に感謝申し上げますともに,来る年のみなさまのご多幸を祈念させていただきます。

調停成立

調停というのは,当事者の合意で成立します。
合意がすべてです。
事実を主張したり,証明したりするのも,この合意を引き出すためです。
ここが裁判との違いです。
裁判では,最終的に第三者である裁判官が判断を下しますので,裁判官に対して,事実を主張し,証明しなければなりません。
証明が不十分であれば,裁判であれば負けます。
しかし,調停では,証明が十分であることはどうでも良いことです。
こちらの証明により相手の合意を引き出せるかどうかが重要です。
そして,当事者間に合意ができたところで調停が成立します。
ところで,この調停の成立について誤解している方もいらっしゃるようです。
家裁の待合室は,いわゆる大部屋ですので,別の調停できている方もいらっしゃいます。
そのような方の会話も聞こえてきます。
その中で,印鑑を押さなければ調停が成立しないという認識もあるようです。
しかし,この認識は明らかに間違いです。
調停の成立は,裁判官が,調停の内容を読み上げて,当事者に確認を求めます。
そして,当事者が確認すると,裁判官が調停の成立を宣言します。
ここで調停成立です。
当事者が印鑑を押す場面はありません。
ちなみに,裁判における和解も同じです。
公正証書では,当事者が印鑑を押す場面があります。
これと混同されているのでしょう。

部屋と・・・

飛行機に乗ると,機内サービスとして音楽を聴くことができることがあります。
私はJALを利用することが多いのですが,JALのJALMOOOVEチャンネル10が,Jポップ・メモリーズといって,少し懐かしい歌謡曲を流しています。
今月は,この中に平松愛理さんの「部屋とYシャツと私」があります。
この歌は,女版関白宣言といういわれ方もする歌だったと思います。
ところで,この歌は,「人生の記念日には君は綺麗だと言ってその気でいさせて」という歌詞で終わります。
言葉で表現することは大切なことだと思います。
私は,入籍した日と結婚式を挙げた日が違う日だったのですが,妻の生前には,この2つの日を両方ともお祝いをしていました。
もちろん花も買っていました。
海援隊の贈る言葉という歌に,「求めないで優しさなんて臆病者の言い訳だから」という歌詞がありますが,言わなくても分かってくれるというのは,思い上がりのように思います。
人々の価値観が多様化している今の社会では,言葉で伝えることの重要性は大きくなっています。
夫婦とか,親子という大切な関係にある人には,きちんと言葉にして伝えることが大切だと思います。
それが,離婚とか,非行とか,相続紛争を予防する近道だと思います。

このページのトップへ