アーカイブ

0120-707-355 メールでのお問い合わせはこちら
一般法律相談予約はこちらから
多重債務相談予約はこちらから
取扱業務
法律相談
交通事故
離婚
借金
相続
不動産
売買
賃貸借
請負
会社
労務
刑事問題
よくある質問
リンク集
用語集
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
交通事故専門サイト
離婚専門サイト
中小企業法律相談専門サイト
Twitter
Facebook
google+
山崎法律事務所


〒860-0801
熊本市中央区安政町4番19号
TM10ビル7階
TEL:096-274-1860
FAX:096-274-1861
【営業時間】9:30~17:00

当事務所へのアクセスはこちら>>

山崎法律事務所からのお知らせ
弁護士コラム「ナズナ想」
side_qr.gif


求人募集

HOME > 弁護士コラム「ナズナ想」 > 離婚 > 無駄な別居

弁護士コラム「ナズナ想」

< 困った方(調停編)  |  一覧へ戻る  |  交渉における恐喝リスク >

無駄な別居

夫婦がお互いに合意すれば,離婚することができます。
そこでは,合意が最大の理由になります。
不貞があったとか,暴力があったとかいう事情は,この合意を形成する理由付けに過ぎません。
離婚調停も合意を形成して離婚する手続です。
ところが,合意が形成できなければ,無理矢理にでも離婚する方法が必要です。
それが,裁判を起こして,判決で離婚を認めてもらう方法です。
離婚に応じたがらない相手に離婚を強制するのですから,それなりの理由が必要です。
その理由となるものを民法770条1項が定めています。
離婚原因です。
離婚原因には,①配偶者に不貞があったとき,②配偶者から悪意で遺棄されたとき,③配偶者の生死が3年以上不明なとき,④配偶者が回復の見込みのない重度の精神病にかかったとき,⑤その他婚姻を継続し難い重大な事由があるときの5つがあります。
DVは,⑤その他婚姻を継続し難い重大な事由があるときに当たります。
ご覧になっていただくとおわかりのように,相手から何かをされたり,相手がどうにかならないと,離婚できない仕組みになっています。
これは,有責主義という考え方のように思えます。
有責主義というのは,婚姻を破綻したことに責任があるから離婚を求められても仕方がないという考え方です。
ただ,婚姻が破綻したときには離婚を認めてよいという破綻主義の考え方があります。
近時は,この破綻主義に近い裁判例も見られるようになりました。
ある程度の期間,別居が継続すれば,離婚を認めてもよいというものがそうです。
ある程度の期間の別居は,離婚をしたい側がイニシアチブをとることができる離婚原因です。
ただ,注意してもらいたいのは,単に別々の住居に生活していても,離婚原因としての別居と認めてもらえないことがあります。
例えば,単身赴任は同居です。
ある程度の期間,別々に生活をして,その後に裁判をしても,別々に生活をしていたことが離婚原因としての別居であるのかを争われることもあります。
すると,何となく時間を無駄に過ごしたように感じてしまうのではないでしょうか。
そのようにならないために,別居のときから,戦略的に行動する必要があります。
 

カテゴリ:

< 困った方(調停編)  |  一覧へ戻る  |  交渉における恐喝リスク >

同じカテゴリの記事

困った方(調停編)

困った方がいらっしゃいます。
調停手続きの相手の方で,相手がしないでくれとお願いしていることを,わざわざされる方がいます。
どういうおつもりなんでしょう。
きっと,調停という手続きの仕組みをご理解していないのだと思います。
調停という手続は,当事者が話合いをする手続ですが,その解決は合意によってしかなされません。
裁判官も構成員である調停委員会が手続に関与していますが,当事者に合意ができないとき,調停委員会が何らかの決定をして解決をするものではありません。
調停委員会が調停案というものを出すことはありますが,当事者がこの調停案を受け入れるという合意をしなければ,調停案は「案」で終わってしまいます。
もちろん,調停が成立しなければ,離婚については裁判,離婚以外の問題については審判という手続があります。
そこでは,終局的には,判決や審判といった第三者である裁判官の,拘束力のある決定で終結します。
ただ,離婚に関する問題の中には,裁判所が審判にするのに慎重な問題もあります。
このような問題は,当事者の間に合意がある方が問題の本質的,実質的な解決につながる可能性が大きい,審判により形式的な解決をしても本質的,実質的な解決につながらない危険性があるものです。
このような問題で解決を望む当事者には,どうすれば合意にたどり着けることができるのかという思考が大切です。
別に,相手に,ごまをすったり,機嫌をとる必要はありません。
ただ,問題を解決するのに必要な程度の信頼関係をお互いに形成されることが必要になります。
ご自身の相手がしないでくれとお願いしていることを,わざわざなされると,この信頼関係を作ることが難しくなります。
いきおい,合意の成立が遠のいてしまうことがあります。
戦略的にマイナスです。
そういう方には,是非,弁護士に依頼して,その助言を受けてもらいたいと思います。
依頼をした弁護士なら,きっと戦略的な助言をしてくれるはずです。
そして,その方も,依頼した弁護士の助言なら,聞くことができるはずです。
 

計画離婚?

年始めのテレビ番組では,新しい年の展望が披露されることがあります。
今日のお昼のワイドショーでの芸能レポーターの方によると,芸能人の計画離婚が増えるそうです。
これは,元号が変わる前に離婚をすれば,「それは平成のときのお話でしょう。」という言い方で,一昔前の出来事のように錯覚させることができるそうです。
元号が変わるまで,約4ヶ月です。
できないことではないでしょう。
離婚は,夫婦のお互いが合意さえすれば,することができます。
1ヶ月もかからずに協議が成立し,離婚することができた案件もあります。
これは,相手にも弁護士がついて対案件でした。
他方で,相手に弁護士がついてなく,協議の成立まで2年近く費やしたものもあります。
調停では,1月ごとに調停が開かれますので,そのときまでには一応の回答を考えなければなりません。
協議がうまくいけば,1ヶ月も待たずに,相手から回答が来て,私たちからもそれに対する対応ができますので,1ヶ月も経たずに協議が成立することがあります。
他方で,協議では,1ヶ月以内に相手が一応の回答を持ってくるという制度的保障がないので,合意ができなければ協議が長くなるリスクもあります。
相手のあるお話です。
4ヶ月以内に離婚をしようと計画していても,うまくいかないこともあるでしょう。
 

調停成立のコツ

私の依頼を受けている離婚案件では,先週から調停和解の成立が続いています。
年度末を控えたこの時期は,児童・生徒であるお子さんのいる方は離婚の影響を少なくするためにも,この時期の離婚を選ぶ傾向が強いと感じます。
それらの成立した調停和解の中には,胃が痛くなるような,綱渡りのような交渉をしたものもあります。
どうすれば,調停を有利に進められるのか。
離婚に関する相談で少なくないものの1つです。
なかなか言葉で説明するのは難しいです。
1年ほど,調停で,私に同行していただくと,ヒントくらいはお見せできるかもしれませんと申し上げたいこともあります。
ただ,調停には,当事者の親族でも同行することはできません。
弁護士は同行することができますが,司法修習生は弁護士に同行することで,結果的に調停に同行することができます。
司法修習生になるには,司法試験に合格していただかなくてはなりません。
だから,1年ほど私の同行していただくことは無理なことではあります。
調停で,もっとも避けるべきことは,1人相撲を取ることでしょう。
調停は,合意ができなければ成立をすることがありません。
私たちの要求に相手が合意をすることが必要です。
このとき,冷静に考えれば,相手にとってメリットがない,デメリットしかない要求であれば,相手が合意するとは考えにくいです。
WinWinという言葉があります。
これは,双方にメリットがなければ,交渉が成立しないということを意味します。
調停も,1つの交渉です。
WinWinの視点を全く欠如させていては,調停が成立するわけがありません。
調停を成立させようと思われるのであれば,1人相撲をしてはなりません。
 

ツイていました。

昨日,四国地方にある家庭裁判所に行ってきました。
一昔前であれば泊まりがけの出張ですが,日帰りで済ませることができました。
新幹線,高速道路ものの整備など,高速交通機関の発達で,一昔前であれば宿泊するのが当たり前であったところが,日帰りが可能になっています。
そのため,寂れていく宿泊施設などもあるようです。
旅の情緒に欠ける面もあります。
ただ,依頼者の方に交通費をお願いして出張する見にしてみれば,宿泊を伴うと,依頼者の方に負担をかけてしまいますので,日帰りができることはありがたいです。
交通費さえ出していただければ,どこにでも行きます。
ところで,このように遠い裁判所に呼ばれて,5時間かけて行くのですから,それなりの成果を期待します。
調停成立の見通しがあるのかなと。
しかし,行ってみると,調停委員のテンションの低いこと。
調停成立などまだまだ先のことのような雰囲気でした。
そのような態度に腹立ちさえ覚えました。
しかし,交通費を負担して,5時間もかけて一緒に来てくださっている依頼者の方を手ぶらで帰すのはお気の毒です。
何とかしなければと奮起しところ,調停が成立しました。
帰りの便でも,とんとん拍子に乗り継ぎができました。
初めて瀬戸大橋を渡ることもできました。
昨日はツイていました。 

家族

このところ,平日は毎日,娘が通う小学校からインフルエンザ情報が届きます。
幸いなことに,娘のクラスは学級閉鎖をするほどではなく,小学校全体でもインフルエンザ患者は少ないようです。
今年は,A型,B型の両方が流行していますので,1シーズンに2回もインフルエンザにかかることもありそうです。
子どもだけでなく,大人も用心したいところです。
ところで,家庭裁判所の待合室は,申立人と相手方で分けられていますが,個室ではないので,他の人の会話も聞こえてきます。
以前,家庭裁判所の待合室で,女性の方が,その方の代理人の弁護士と話していました。
お子さんが,どこそこの○○が安かったよという話をするようになったそうです。
我が国の社会は男社会ですので,男性が働いた方が女性が働くよりも,一般的には多くの収入を得ることができます。
別居,離婚すると,女性は経済的に厳しくなる方が多くなります。
お子さんは,そういうお母さんの姿も見ているのでしょう。
そして,インフルエンザがはやる季節になると,お子さんがインフルエンザにかからないかと心配になるそうです。
インフルエンザにかかると,5日間程度は学校に登校することができなくなります。
すると,お母さんは,仕事を休まなければならなくなります。
それでなくても生活に余裕がない状態で仕事を休まなければならないことは辛いことです。
お子さんのクラスでインフルエンザにかかった児童がいるときには,お子さんに,その児童の施規からどれだけ咳が離れているかを尋ねるそうです。
私は,離婚の相談のとき,実家がどこななのかを尋ねています。
もし,近くに実家があれば,お子さんが病気のときに,看病してもらえるかもしれません。
男性でも,親権を希望されているときには,実家の場所をお尋ねしています。
男性は,仕事での役割を強く期待されています。
男性にとって,お子さんの病気で仕事を休むためには大きな勇気がいることでしょう。
男性が,お子さんの病気で仕事を休むことを認めている企業がインターネットニュースに取り上げられるほどです。
1人でお子さんを育てることは大変なことです。
私も娘が2歳になったばかりのころに妻を亡くしました。
私1人で娘を育てていたら,今のように仕事をしていくことは難しかったと思います。
私の場合,妻のお母さんが家事をしてくれましたので,仕事をすることができました。
ご両親や兄弟,姉妹に育児を手伝ってもらうことは離婚手続でもかまいません。
親権の判断では,このように育児を手伝ってもらえる家族を監護補助者として位置づけています。
 

このページのトップへ