アーカイブ

0120-707-355 メールでのお問い合わせはこちら
一般法律相談予約はこちらから
多重債務相談予約はこちらから
取扱業務
法律相談
交通事故
離婚
借金
相続
不動産
売買
賃貸借
請負
会社
労務
刑事問題
よくある質問
リンク集
用語集
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
交通事故専門サイト
離婚専門サイト
中小企業法律相談専門サイト
Twitter
Facebook
google+
山崎法律事務所


〒860-0801
熊本市中央区安政町4番19号
TM10ビル7階
TEL:096-274-1860
FAX:096-274-1861
【営業時間】9:30~17:00

当事務所へのアクセスはこちら>>

山崎法律事務所からのお知らせ
弁護士コラム「ナズナ想」
side_qr.gif


求人募集

HOME > 弁護士コラム「ナズナ想」 > 刑事事件 > 逮捕の根拠

弁護士コラム「ナズナ想」

< ゴーン氏の出国に危惧すること,期待すること  |  一覧へ戻る  |  性病と新型コロナ >

逮捕の根拠

金曜日の朝に槇原敬之さんが覚醒剤所持の疑いで逮捕されたというニュースが流れました。
そのニュースを伝える朝のワイドショーで,MCの方が,確かな根拠があるのだから裁判所は逮捕状を出すでしょうみたいなことを言っていました。
確かに,疑いがなければ逮捕をしないでしょう。
ただ,手続の段階において,この「疑い」のレベルに違いがあります。
有罪判決を下す段階においては,裁判官の内心において「疑い」は「確信」となっています。
起訴段階では,検察官の中は有罪判決と同程度の「疑い」という言い方をする方もいらっしゃいますが,刑事裁判を維持できる程度の「疑い」があれば足りるという理解が一般的です。このレベルの「疑い」は有罪判決を下す程度のものよりも低いものです。
すると,逮捕段階では,逮捕が許される「疑い」は,起訴段階よりも低いもので足ります。
それに,逮捕は,捜査の初期でなされますので,それほど資料が収集されていないことの方が多いと考えられます。
逮捕しておいて,資料を収集する方が多いです。
もっと言うならば,自白を獲得するため,逮捕することもあります。
私の経験の中には,ほとんど証拠もなく逮捕して,ひたすら自白を求めたものがあります。
結局,その方は起訴されることもありませんでした。
そのような場合でも,すなわち確かな根拠がなくても,裁判所は逮捕状を出します。
件のワイドショーでは,コメンテーターの弁護士が,裁判所は請求されれば逮捕状を出さないことの方が珍しいという趣旨のことを答えていました。
きっと,件のワイドショーは,誤った認識を改めてもらうため,わざわざMCの方に先ほどの発言をさせたのでしょう。

カテゴリ:

< ゴーン氏の出国に危惧すること,期待すること  |  一覧へ戻る  |  性病と新型コロナ >

同じカテゴリの記事

性病と新型コロナ

性病にかかっていることを知りながら,相手に性病をうつそうと性交渉をして,相手が性病になると,この性病をうつした人は,傷害罪になります。

新型コロナにかかっていることを知りながら,相手に新型コロナをうつそうと接触し,相手が新型コロナにかかったら,この新型コロナを移した人は傷害罪になるでしょうか?

この場合も傷害罪になるという見解もあるようです。

傷害罪というのは,人の生理的機能を害する結果を生じさせるをいいます。

すると,他人を新型コロナにかからせると,その人の生理的機能を害したのですから,傷害罪の結果を生じさせたといえると思います。

ところで,刑罰を科するためには,傷害の結果を発生させることができる行為と傷害の結果との間に因果関係があることが証明される必要があります。

性病の場合,その人との間の性交渉の存在が証明されれば,因果関係が証明されたといえます。

その人以外から移った可能性はないといえます。

では,新型コロナはどうでしょうか。

新型コロナは,すでに市中感染の状態にあるといわれています。

これは,誰から移されたかわからない状態にあるということです。

すると,Aという人の新型コロナを移そうとする行為により,Bという人が新型コロナになったといえる,Cという人からでもDという人からでもなくAという人から新型コロナが移ったといえる状況というのは,現実にはほとんどあり得ない設定を考えざるを得ないのではないでしょうか。

もちろん,今のご時世においては,新型コロナにかかっていると喧伝しながら飲食店を利用することは,これにより,その飲食店の業務を妨害することになるので,威力業務妨害罪などで処罰されることはあるといえます。


ゴーン氏の出国に危惧すること,期待すること

カルロスゴーン氏が保釈中にもかかわらず日本国外に出たことが,昨年大晦日の大きなニュースでした。
ただ,カルロスゴーン氏が日本国を出国した記録がないそうですが,東京地裁は即日に保釈を取り消したそうです。
紙切れや記録を重視する裁判所が,何を資料として,保釈決定を取り消したのでしょう。

刑事弁護人の立場では,今後の保釈に悪影響を与えないか心配されるところです。
昨年は,何件かの保釈中の行方不明事件がありました。
それらが大きく報道されるので,保釈されると逃げるというイメージが作られているような気がします。
しかし,大部分の保釈された方は裁判所が決めた保釈条件を守っています。
保釈条件を守らない方が珍しいといえます。
「熊本地裁で保釈条件を守って判決を受けました。」という報道を聞いたことがないと思います。
ありふれたことなのでニュースにならないのです。
それに,15億円の保釈金を捨てることができる,入管に察知されることなく国外に出ることができる人の数など,片手ほどもいません。

他方で,カルロスゴーン氏が声明で日本の人質司法を糾弾しています。
EUでは,逮捕されると必ず弁護人が選任されます。
そして,被告人弁護人と会う前に作成された供述調書については,EUの裁判所で証拠とすることができません。
さらに,EUの裁判所は,日本の裁判所のように,捜査機関が作成した供述調書を重視しないそうです。
EUの刑事手続きが現在の状態になったのは,欧州人権裁判所がEU加盟各国の刑事手続が刑事被告人の人権を侵害するとの判断を下したことがきっかけだったそうです。
そのような文化で生活をしていたカルロスゴーン氏にとって,日本の刑事手続きはあまりにも前近代的に感じたのでしょう。
人質司法もさることながら,検察官が手持ち証拠を隠していることにもカルロスゴーン氏が失望したと報道されています。
日本の刑事手続がEU並の刑事手続になるのは,いつの日でしょう。
 

報道人に矜持はあるでしょうか。

熊本県天草市で生後4ヶ月の乳児の脳に障害が生じた件でその父親が傷害の疑いで逮捕されたことが,全国ニュースにまでなって,大々的に報道されました。
しかし,この父親については,不起訴処分となりました。
逮捕されたときの報道に比べ,不起訴処分のニュースのなんと小さいことか。
警察は,有罪を認定する機関ではありません。
有罪と判断するのは裁判所です。
警察は,怪しいと警察が思った人を逮捕しているに過ぎません。
今回の逮捕も,警察・検察の思い込みによる見込み捜査,自白獲得のための逮捕に過ぎませんでした。
そして,何人も有罪判決を受けるまでは無罪であるという原則が刑事裁判にはあります。
これは,刑事手続きにおける最も重要な原則です。
ところが,ある番組のキャスターに及んでは,この父親の年齢が若いことを取り上げ,子どもを育てるには幼いとまで言ってのけています。
完全に犯人扱いです。
このキャスターには,この父親が犯人であると判断する根拠はあったのでしょうか。
繰り返しますが,逮捕されたという事実は,逮捕された人が犯人であることの根拠にはなりません。
このキャスターは,不起訴処分になった父親について,プライドある報道人として,どのようなコメントをされるのでしょうか。
このキャスターに限らず,報道機関は,逮捕の報道と同等の紙面・時間を費やして,自らの報道によりその名誉を失墜させた方の名誉回復に努めるべきです。
報道機関が,警察・検察のスポークスマンに成り下がっているのでなければ,ですが。
 

穏やかなお正月

みなさまは,お正月をどのようにお過ごししましたか。
今年は穏やかな気候で,初「春」の名にふさわしい気候でした。
いにしえの人々は,冬至を過ぎて始めてくる穏やかな気候に「初春」と名付けたのでしょうか。
今年のお正月を穏やかに過ごすことができたのは,私が弁護人となっている方で,留置場,拘置所で年を越している方がいらっしゃらないからでしょうか。
留置場や拘置所で年を越す方の弁護人を務めていると,正月でも何となく気が晴れないものです。
私が弁護人を務めている方は,保釈されていたり,逮捕されても勾留されることなく釈放されていたり,そもそも勾留されていたりで,留置場や拘置所で年を越さずにすんでいます。
保釈では,すべての保釈検察官が抗告と執行停止の申立てをしましたが,裁判所が保釈決定を維持しました。
ちなみに,勾留は,被告人が公判に出頭することを確保することを目的にする制度で,処罰を目的としたり,犯罪を予防することを目的としたりする制度ではありません。
そして,刑事訴訟法の規定の仕方は,保釈することを原則とする規定の仕方をしています。
残念ながら,保釈が例外のような運用がされています。
私が保釈請求した案件は,すべて第1回公判前に,保釈が許可されて,釈放されています。
ここ数年で,裁判所の考え方も変化が見られるように思います。
 


ちなみに弊事務所の通常業務は,1月9日からです。
1月4日からではないので,お間違えないようにお願いします。
 


親の立ち位置

清水アキラさんが,ご長男の清水良太郎さんについて,保釈が許可されたにもかかわらず,保釈させないという判断をしたそうです。
親子関係には様々な形がありますので,十把一絡げの議論は乱暴には思います。
しかし,それでも,私は,清水アキラさんの判断には疑問を持ちます。
もちろん,親子関係に限らないのですが,相手に対して厳しい態度で接しなければならない場面はあるとは思います。
そして,その厳しい態度で接することについて,相手が,その態度が自分の利益のためになされていると考えることができるためには,その前提として,信頼関係があることが必要だと思います。
自分のために厳しい態度で接してくれているんだと,相手が自然と考えられる程度の信頼関係は必要だと思います。
留置場,拘置所にいることはとても苦痛を感じるようです。
私は,国選弁護で,ホームレスの方の刑事事件を短答したことがあります。
そのとき,その方に,留置場から早く出たいのか尋ねたところ,出たいと答えました。
中には,留置場は,寝るところや食事が保障されていて,ホームレス生活よりもずっとましな生活を送ることができる,だから,ホームレスの方は,留置場にいたいと思っていると考えている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし,そうではないようです。
留置場の中では,横になることができないそうです。
そして,常に行動を監視される環境にあります。
一般的には,1時間でも早く出たいと思うような場所です。
その場所から出すことができるのに,出さないというのです。
子どもは,そのとき,親をどのように思うでしょうか。
まさかのときの友が真の友という言葉があります。
子どもが助けを求めているときに手をさしのべない親に対し,子どもが信頼することはないでしょう。
子どもが非行や犯罪をしたとき,親は,甘やかしすぎた,これからは甘やかさないようにしようと考えることがあります。
その方は,胸に手を当てて考えたとき,本当に,子どもに甘えさせていたでしょうか。
非行少年の収容施設にお話を聞きに行ったとき,少年を甘えさせることから始めるという話を聞きました。
甘えさえるという行為にはとてもエネルギーが必要です。
きちんと子どもの話に耳を傾ける,時間も使いますが,子どもを掛け買いのない存在と思う気持ちが必要です。
単に,欲しいというものを買い与えるだけで,子どもの話をまともに聞いていなければ,子どもは,自らが掛け買いのない存在とは思えないでしょう。
自らを掛け買いのない存在と思えない子どもが他人を大切にすることができるわけがないですし,自らを大切な存在と考えることができないのですから,薬物犯罪に対する抵抗も生じにくいといえます。
お子さんが非行や犯罪をしたときには,親御さんには,お子さんを見捨てない,お子さんが掛け買いのない存在であるという明確なメッセージを送ってもらいたいとお思います。

このページのトップへ