アーカイブ

0120-707-355 メールでのお問い合わせはこちら
一般法律相談予約はこちらから
多重債務相談予約はこちらから
取扱業務
法律相談
交通事故
離婚
借金
相続
不動産
売買
賃貸借
請負
会社
労務
刑事問題
よくある質問
リンク集
用語集
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
交通事故専門サイト
離婚専門サイト
中小企業法律相談専門サイト
Twitter
Facebook
google+
山崎法律事務所


〒860-0801
熊本市中央区安政町4番19号
TM10ビル7階
TEL:096-274-1860
FAX:096-274-1861
【営業時間】9:30~17:00

当事務所へのアクセスはこちら>>

山崎法律事務所からのお知らせ
弁護士コラム「ナズナ想」
side_qr.gif


求人募集

HOME > 弁護士コラム「ナズナ想」 > アーカイブ > 法教育の最近のブログ記事

弁護士コラム「ナズナ想」 法教育の最近のブログ記事

子供に対する責任

「ゲームセンターに立ち入ってはならない。」
そのような校則を持っている中学校は,多いのではないでしょうか。
ゲームセンターに立ち入ると,中学生にとっては多くの魅力的なゲーム機があります。
それらのゲームを無償ですることはできません。
ついつい浪費をしてしまいます。
それに,かつ上げ(恐喝),置き引き(窃盗)などの事件の被害者になったりします。
さらには,そこで不良交友関係を作っていく危険性もあるでしょう。
そのような校則の目的には合理性があると思います。

ところで,「保護者同伴でもゲームセンターに立ち入ってはならない。」という校則を持っている中学校もあるそうです。
このような校則があると聞いても不思議に思われない方も多いかもしれません。
そのような決まりがあるのなら守るのが当然であると思われる方も多いかもしれません。
しかしですよ,保護者が同伴しているのに,その親が連れている子供の行動を校則で制約できるのは奇妙だと思います。
保護者が一緒であれば,事件の被害者になる危険も小さいでしょうし,不良交友関係が形成されることもないでしょう。
また,どれほどゲームに金銭を費やすことを許すかは,保護者の裁量(親権)で決定すれば足りることです。
このような校則を作る必要がありません。

授業時間内などにおいて生じた事故については学校が責任を問われることはあります。
しかし,保護者の管理内においては,その保護者が子供の安全であるや健全な育成に責任を持つべきです。
校則のお世話になることはおかしいと思います。


法教育なるほどセミナー2009

今日,熊本県民交流会館パレアの9階,10階で熊本県弁護士会法教育委員会企画・運営,熊本県弁護士会主催の「法教育なるほどセミナー2009」が行われました。
過去3回は,8月に行われていましたが,夏期講習にいっている生徒が多いなどの理由で,今年は11月になりました。
それでも,10階の中学部は定員いっぱいの生徒さんに来てもらえましたが,9階の小学部は新型インフルエンザの影響もありますが,小学校の体育行事と重なってしまい,予定していた生徒さんには来てもらえなかったようです。
このようなイベントを開催するには,このような行事予定にも目を配らなければならないようです。
さて,中学部は,「-子どもの権利条約20周年記念- もしも名前がなかったら」というテーマで行いました。
この中では,コンサートに行くことを中学校が禁止したという架空の事例を前提にディベートを行いました。
中学生を主体にディベートをするのは,平成19年の「シンデレラ裁判」に続いて2回目になります。
今回のディベートはコンサートに行くことを中学が禁止したという身近に想定できるテーマで,その賛成派と反対派に別れてディベートをしたので,前回よりも盛り上がったと思います。
来てくれた生徒さんたちは熱心に討論をしてくれました。
いつもながらその発想の柔軟性を感じることもできました。
ただ,1つ気になることがありました。
コンサートに行く権利・自由は,子どもの権利条約31条1項により保証されていると考えることができます。
ところで,議論の中に,「自由・権利を主張する前に義務を果たすべきだ。」という議論がありました。
一見すると正しそうです。
でも,この議論は誤りです。
売買契約などで,代金を支払う義務を負っている買主が,代金を支払わずに商品を渡せと要求したとします。
買主は,商品を渡せと要求する権利があります。
しかし,売主は,「商品を渡して欲しければ代金を払え。」といって商品の引渡しを拒むことができます。
これを同時履行の抗弁といいます。
この話の流れだと,「自由・権利を主張する前に義務を果たすべきだ。」という議論は正しそうです。
しかし,契約は,対等な当事者間で結びます。
これに対し,自由・権利を保障する憲法は,国民から国家に対する約束として,国家の行為を拘束するものです。
そこでは,自由・権利は,生まれながらに当然にあるものと規定されています。
自由・権利を主張する前に果たすべき義務というものがありません。
確かに,憲法には,3大義務として,勤労・子女に教育を受けさせる・納税があります。
では,働いていない人,税金を納めていない人,子女に教育を受けさせていない人は,選挙権がなかったり,表現の自由がなかったり,プライバシーの権利がなかったり,居住の自由がなかったり,ということではないですね。
人権と呼ばれる憲法上の自由・権利,条約上の自由・権利は,国家を義務づけることはあっても,国民に対しては無条件に保障されるものです。
このような考え方については,まだ学校ではふれられていないようです。


子供は素晴らしい

今日、熊本市立川上小学校に行ってきました。
私は、法教育委員会に所属しています。
川上小学校に行ったのは、法教育の件です。
法教育については、耳慣れない方が多いと思います。
法教育は、成熟した市民社会の実現を目的に、専門化を目指さない一般の人を対象に、個々の条文の知識ではなく、法の背後にある価値について理解を深めてもらう教育ということができます。
川上小学校には、法教育に理解が深い教諭がいて、私もよく行っています。
そして、小学生のクラスに参加していつも思うことは、子供の思考の柔軟性です。
今日クラスでも、それを感じることができました。
さらに、今日のクラスは、2年生でしたが、その議論たるや小学校4年生、5年生といっても騙されるのではないかと思えるくらい素晴らしいものでした。
本当に、子供って無限の可能性を秘めている、素晴らしいと思った1日でした。

1

« 損害賠償請求 | メインページ | アーカイブ | 相続 »

このページのトップへ