アーカイブ

0120-707-355 メールでのお問い合わせはこちら
一般法律相談予約はこちらから
多重債務相談予約はこちらから
取扱業務
法律相談
交通事故
離婚
借金
相続
不動産
売買
賃貸借
請負
会社
労務
刑事問題
よくある質問
リンク集
用語集
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
交通事故専門サイト
離婚専門サイト
中小企業法律相談専門サイト
Twitter
Facebook
google+
山崎法律事務所


〒860-0801
熊本市中央区安政町4番19号
TM10ビル7階
TEL:096-274-1860
FAX:096-274-1861
【営業時間】9:30~17:00

当事務所へのアクセスはこちら>>

山崎法律事務所からのお知らせ
弁護士コラム「ナズナ想」
side_qr.gif


求人募集

HOME > 弁護士コラム「ナズナ想」 > アーカイブ > 弁護士費用の最近のブログ記事

弁護士コラム「ナズナ想」 弁護士費用の最近のブログ記事

弁護士費用は誰が払うの?続編

胡蝶蘭をいただきました。
CIMG3608_convert_20090325230123-1.jpg
3月5日の「円満解決和解」に登場した依頼者の方が送ってくださいました。
和解には,「勝ち和解」と「負け和解」という評価があります。
これは,請求額のどれくらいの割合が和解金として認められたかの割合により評価します。
円満解決和解は,金額としては0ですから,「負け和解」です。
でも,依頼者は大変喜んでくれました。
それが最大の結果です。
ところで,昨日の「弁護士費用は誰が払うの?」について,そんなことはないと友人の弁護士から突っ込まれました。
彼曰く,不法行為に基づく損害賠償請求では,不法行為ではその損害として弁護士費用の負担を被告に求めることができるというのです。
彼の言っていることは,間違いではありません。
しかし,私の昨日のブログが想定する場面でのお話ではありません。
彼と同じ誤解をしている方もいらっしゃるかもしれませんので,少し補足します。
不法行為に基づく損害賠償で,相手方に弁護士費用を相手に負担してもらうためには,訴状にその旨の請求を記載して主張しておく必要があります。
「当然に,」相手方が弁護士費用を負担するのではありません。
かつ,不法行為に基づく損害賠償請求事件で請求が認められなくても,すなわち原告が負けても,原告は,被告が依頼した弁護士に支払う費用を負担する必要はありません。
また,原告の請求が認められても,すなわち被告が負けても,原告の損害として被告が負担するべき費用は,原告が現実にその依頼した弁護士に支払う費用の全額ではありません。通常は,裁判所が損害として認めた金額の1割程度です。
この場合であっても,ご自身が依頼した弁護士に支払う費用の大部分は,ご自身が負担せざるを得ません。
判決が認める「弁護士費用」では,多くの場合,実際に負担する弁護士費用には足りません。
ちなみに,判決にある「訴訟費用は被告(原告)の負担とする。」の「訴訟費用」には相手方が弁護士に支払う費用は含まれていません。
要するに,裁判を起こして負けても,相手方が依頼した弁護士の費用を支払う必要は全くありません。
そして,裁判を起こされて負けても,相手方が「弁護士費用」という名目の損害を支払う必要はありますが,相手方が依頼した弁護士に対して実際に負担する費用を支払う必要はありません。
だから,安心して,裁判を戦ってよいのです。

弁護士費用は誰が払うの?

そんなにあることではありませんが,時たま法律相談で相談されることがあります。
相談者が,ご自身で依頼した弁護士に支払った費用を,相手方に払ってもらえますかと。
答えはNOです。
しかし,たまにそのような相談をされる方がいるということは,市民の皆さんの中に,「裁判で勝てば,ご自身が依頼した弁護士の費用まで,相手方に支払ってもらえる。」,「裁判に負ければ,ご自身が依頼した弁護士の費用ばかりでなく,相手方が依頼した弁護士の費用まで支払わなければならない。」という都市伝説 (?)があるようです。
「負けたら相手が依頼した弁護士の費用まで支払わなければならないなら,裁判を起こさない。」
このようなことを大まじめな顔をして話される方もいらっしゃいます。
確か,5年くらい前に,弁護士費用を裁判で負けた人が負担するという法案があったようでしたが,この法案は,廃案になりました。
もし,そのような法律ができたら,確実に勝てる自信がある人しか,裁判を起こせなくなります。
裁判を起こすに際し,確実に勝てると断言できる弁護士は,きっといても少数派だと思います。
「負けたら相手が依頼した弁護士の費用まで支払わなければならないなら,裁判を起こさない。」という,私たちからみれば冗談のような話が,冗談でなくなる世の中になってしまうのです。
ご自身が依頼した弁護士に支払う費用は,裁判で勝っても,相手方には請求できない。
裁判で負けても,相手方が依頼した弁護士の費用を負担する必要がない。
安心して(?)裁判を戦ってください。

1

« 少年事件 | メインページ | アーカイブ | 損害賠償請求 »

このページのトップへ