アーカイブ

0120-707-355 メールでのお問い合わせはこちら
一般法律相談予約はこちらから
多重債務相談予約はこちらから
取扱業務
法律相談
交通事故
離婚
借金
相続
不動産
売買
賃貸借
請負
会社
労務
刑事問題
よくある質問
リンク集
用語集
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
交通事故専門サイト
離婚専門サイト
中小企業法律相談専門サイト
Twitter
Facebook
google+
山崎法律事務所


〒860-0801
熊本市中央区安政町4番19号
TM10ビル7階
TEL:096-274-1860
FAX:096-274-1861
【営業時間】9:30~17:00

当事務所へのアクセスはこちら>>

山崎法律事務所からのお知らせ
弁護士コラム「ナズナ想」
side_qr.gif


求人募集

HOME > 弁護士コラム「ナズナ想」

弁護士コラム「ナズナ想」

まんだらけ考

アンティークおもちゃ専門店「まんだらけ」から鉄人28号の人形を万引きした人が逮捕されたそうです。
盗品の鉄人28号は,別の店に売却されていたそうです。
私の経験では,この鉄人28号の人形は「まんだらけ」に返還されるでしょう。
無償で。
すると,この万引きの形式的な被害者は「まんだらけ」ですが,実質的な被害者はこの鉄人28号の人形を6万4,000円で購入した別の店ということになります。
この別の店は何も得るものがないのに6万4,000円を失ったのですから。
では,今回の万引きをした人は,,この店にどの程度の金額を弁償するべきでしょうか。
6万4,0000円という回答はあり得ます。
私が弁護人として,盗品を購入した中古品店に対して,実質的な被害弁償を申し出たことがありました。
そのとき,その中古品店に,盗品を購入した金額の2倍程度の金額を示され,その金額でなければ被害弁償に応じないといわれてしまいました。
その中古品店曰く,中古品を購入する段階で,売価を決めているそうで,その売価分が損害になるそうです。
ですので,鉄人28号を購入した別の店に対して,被害弁償をするとすれば,「まんだらけ」が買い戻すとしても,6万4,000円ではとても足りない可能性は十分にあります。
ところで,「まんだらけ」は,顔にモザイクを施した画像を公開し,期限までに鉄人28号の人形を返還しなければ顔に施したモザイクを外すと述べていました。
これは,恐喝行為ではないでしょうか。
今回は,万引きされた鉄人28号の人形を取り返すためではありますが,正当防衛などが成立するときを除き,一端盗まれた物を盗み返すことは違法です。
窃盗,詐欺,恐喝などの犯罪は,そこにある物の外形的に安定した状態を守ることを目的にしています。
盗まれたとはいえ,その物について外形的に安定した状態が生まれると,たとえ持ち主であっても,これをみだりに犯すことができません。
さらに,ネット上で,万引き犯としてその顔をさらすことは,全世界にその情報が拡散する危険性あり,かつ,アップロードしたものであってもその情報を完全にネット上から消去することができません。
そのような害悪を告知して,物の交付を要求するのですから,恐喝行為だと思います。
万引き被害に悩まされる店側の自衛行為という評価もあり得るでしょう。
しかし,法律を尊重し,法律に従った解決を図ることが法治国家です。
そのような法治国家では,法律の手続によらずに自らの権利・利益を守ったりする自力救済は原則的に禁止されています。
犯罪の被害に遭いながら,その被害を回復するために自ら犯罪を犯してしまっては意味がありません。


刑事裁判所の役割

最高裁で,裁判員裁判での量刑が破棄され,減刑されたそうです。
事案は,児童虐待死(傷害致死)の事案で,求刑の1.5倍の量刑をしていました。
きっと,裁判員は,亡くなったお子さんに対して深く同情したのかもしれません。
児童虐待許すまじという観点には,共感できるものがあります。
他方で,刑事裁判所の役割としてはどうでしょう。
刑事裁判所は,訴追者である検察官も国家機関であることから,その第三者性が強く求められています。
中立な第三者として判断を下すのです。
その中立な第三者として,求刑を超える厳しい量刑の判決を下しても良いという考え方もあるでしょう。
しかし,中立な第三者は,基本的に情報に乏しい立場にあります。
令状主義という言葉があります。
逮捕や家宅捜索のような強制的な捜査をするには,裁判官が発行する令状を得て行われなければならないという原則です。
この令状という言葉は,「命令状」というように理解されがちです。
しかし,令状を発する裁判官は,自ら情報を獲得することができません。
そのような立場の裁判官が命令状を出せるわけがありません。
捜査機関がこのような捜査を行いたいというのに対し,裁判官が許可を出す理解するべきです。
すなわち,令状というのは「許可状」というように理解するべきです。
裁判においても,刑事裁判所は中立な第三者であることが要請されます。
仮に,刑事裁判所に対する中立な第三者であることの信頼が損なわれれば,被告人は「運が悪くて」処罰されたと感じるかもしれません。
これでは,被告人は更生の意欲を持つことができません。
最高裁が判決で,量刑の公平性を求めている実質的な理由はここにもあるのではないでしょうか。
刑罰の執行は,検察官の職責です。
その検察官が,刑罰の執行について裁判所に許可を求める手続が刑事裁判と理解することができます。
すると,刑事裁判所は,検察官が求めている刑罰を超えて量刑を下すことができないとの理解になるのではないでしょうか。

黄金の架け橋

小樽で4人の女性がひき逃げに遭い,命を落としました。
ひき逃げした加害者は,自ら110番をして逮捕されました。
この加害者は,直前まで飲酒をしていたそうで,飲酒の事実が発覚することを恐れたようです。
飲酒運転などもってのほかです。
「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律 」が制定され,より重罰化が進んでいます。
このような重罰化の流れの中で,ひき逃げの多発が憂慮されています。
ひき逃げにより,被害者に対する手当が遅れてしまうという危険があります。
結果として重大事故に発展してしまいます。
この小樽の事件も,4人を轢いたときに,飲酒をいていることからその場を逃げたそうです。
そこで,このような事案にも「黄金の架け橋」を架けてはどうでしょうか。
刑法43条では,何らかの犯罪を起こそうとしていている人が,結果を発生させることなく,自らの意思で,犯罪を続けることを辞めたときを「中止犯」として,処罰が減刑又は免除されます。
これは,犯罪を実行しようとするものに対して,後戻りの機会を与えるもの「黄金の架け橋」と理解されています。
ちなみに,身代金目的誘拐についても,誘拐した人を安全な場所で解放すると,処罰が減軽されます。
これにより,解放を促し,誘拐された人が殺害されることを防ごうとしています。
飲酒運転についても,厳罰だけではなく,その場にとどまり,被害者の救助に努めたときには,処罰を軽減又は免除されるという規程を設けるならば,ひき逃げを減らすことができるのではないでしょうか。
「黄金の架け橋」として,是非ご検討いただきたいものです。

有名税?

ある方からお電話をいただきました。
その方のご家族が,昨日の深夜11時30分ころ,私からの電話を受けたそうです。
その電話で,私は,その方の紛争の相手方から依頼された弁護士の私であると名乗っています。
そして,その方に対して,その紛争に関するある名目で,少額ではない金額の支払いを求めています。
弁護士が,深夜11時30分ころ,業務を行っていることは,それほど珍しい現象ではありません。
私も,未明までかかって,書面を作成したことは何度かあります。
しかし,誰かに対して電話をかけるときには,話が変わります。
弁護士は,司法試験に合格するために勉強ばかりして世間知らずと思っている方もいらっしゃるかもしれません。
世間知らずの部分はあるかもしれません。
しかし,深夜11時30分に,金銭の支払いを求めて,相手方に対して電話をかけるほどの世間知らずが弁護士にはいないと,私は思っています。
その電話をかけた輩は,ご丁寧に,私の事務所の電話番号を告げていました。
だから,その方は,私の事務所まで電話をすることができました。
しかし,その輩が告げた携帯電話番号は,私の携帯電話番号ではありませんでした。
そもそも,私は,相手方に対して,携帯電話番号を告げたりしません。
しかも,私の名前を読むことができなかったようで,私の名前とは若干異なる読み方で,名前をその方に告げていました。
あまり教養のある輩ではなさそうです。
私の偽物が登場したのです。
私の名前を告げれば,その方がおとなしく要求した金銭を支払うとでも思ったのでしょうか。
私も名が売れたものです。
ところで,虚偽の事実を告げて金銭を交付させると詐欺罪に該当することになります。
そして,金銭を交付させるために虚偽の事実を告げたが,結局金銭を交付させることができなかったとしても,詐欺未遂罪に該当します。
その輩はご存知だったのでしょうか。

「泣いてもいいんだよ。」

父の日に因んで,朝日新聞デジタルに,娘のために奔走する父親の姿を描いた動画が公開されています。
この動画では,お母さんは娘が幼いときになくなっているようで,娘が幼いときから嫁ぐまでを5分程度にまとめていて,音楽にももいろクローバーZの「泣いてもいいんだよ」が採用されています。
「泣いてもいいんだよ」いい歌ですね。
さすがは中島みゆきです。
私も熊本県弁護士会の副会長を務めていた昨年は,保育園が預かってくれる時間を過ぎて娘を迎えに行ったこともあって,この歌を聴きながら動画を見ていると感情移入してしまいます。
一人親家庭(父子家庭,母子家庭)は大変です。
私は,妻を亡くしていますが,妻の母のおかげで苦労という苦労をせずにすみました。
恵まれています。
しかし,子育てを手伝ってくれる人がいない一人親家庭はとても大変です。
インフルエンザがはやっているとき,お子さんが通っているクラスでインフルエンザにかかった子が出たりすると,その子からお子さんがどれだけはなれているかが気になるそうです。
お子さんがインフルエンザにかかると,5日間は学校を休まなければならなかったりします。
その間,お子さんの面倒を見るためにご自身も職場を休まなければならなかったりします。
日常的に子育てを手伝ってくれる人を監護補助者と言いますが,監護補助者の存在は大きいです。
そして,泣くことも大切だと思います。
きっと,気持ちが少し楽になると思います。
 



必死

関東では,依然と大雨に対する警戒が続いているようです。
私も,昨日まで関東にいました。
5日に東京霞ヶ関弁護士会館で,日弁連の国選弁護に関係する2つの会議に出て,6日に熱海に移動して1泊2日の合宿で行われる日弁連の刑事弁護センターの全体会議に出席しました。
7日には,熱海がある伊豆半島北部にも大雨警報が出ていました。
幸い,東海道新幹線には遅れもなく品川に戻りました。
さすがは日本が誇る新幹線。
ところが,品川発羽田空港行きの京急線のエアポート快特が運休してしまいました。
とりあえず,快特で京急蒲田まで移動して,横浜方面から来た羽田空港行きの快特に乗り換えました。
普段は浜松町からモノレールで羽田空港に向かっています。
この京急線のルートを使うのは,年に1回,熱海合宿のときだけです。
どれだけ時間がかかる変わりません。
羽田空港国内線駅に到着すると,とりあえず全力で走り始めました。
ただ,日頃の運動不足で,あまり長い距離を走ることができませんでした。
それでも,定刻の20分には保安検査場を通過することができました。
死ぬかと思いました。
ちなみに,使用する飛行機の到着が遅れて,出発が定刻から15分遅れました。
よくあることです。
ただ,必死になってがんばらなければ,15分遅れでも,その飛行機には乗れませんでした。

お導き?

遺産分割協議書を完成させるためには,相続人全員の実印と印鑑登録証明書をいただく必要があります。
例えば,甲という方がなくなって,A,B,Cという3人が相続人であれば,このA,B,Cの3人の実印と印鑑登録証明書をいただく必要があります。
では,Aさんが亡くなっていたら。
Aさんが甲さんより先になくなっていたら,Aさんは甲さんを相続することができません。
ただ,代襲相続ということは起きます。
Aさんが甲さんよりも後になくなったら,Aさんは甲さんを相続することができます。
そして,Aさんが相続した甲さんの財産を,Aさんの相続人が相続します。
Aさんが亡くなる前に,遺産分割協議書を完成させることができていなければ,Aさんの相続人の実印と印鑑登録証明書も,甲さんの遺産についての分割協議書を完成させるために,必要になります。
今日,Aさんの相続人の方の実印と印鑑登録証明書をいただくことができ,甲さんの遺産についての分割協議書を完成させることができました。
今日は,私のスケジュールの関係で,私から提案させていただいた約束でした。
しかし,今日がAさんの命日であったことは,知りませんでした。
「お導き」でしょうか?
写真は,そのAさんの相続人の庭にある池に咲いていた水蓮です。


CIMG5832.JPG


離婚とお子さん

離婚に際して,そのご夫婦にお子さんがいれば,親権とか,養育費面会交流が解決されるべき問題といえます。
そのなかでも,今回は,面会交流を中心にお話をしていきます。
面会交流というと,離婚後に,お子さんと同居していない親が会うという制度ですが,離婚していなくても,別居中であれば,面会交流を行う必要があります。
また,面会交流というのは,面会,すなわち会うということだけでなく,電話,メール,手紙などによる交流も含まれていると考えられます。
ただ,面会交流がうまくいかないものも少なくありません。
調停などで面会交流について決めていても,守られないことがあります。
私は,面会交流を求める側の相談・依頼を受けることもありますし,面会交流を求められる側の相談・依頼を受けることもあります。
そして,面会交流を求められる側の方には,相手方にお子さんに会ってほしいと希望される方もいらっしゃいますが,離婚の調停や裁判を戦っているわけですから,なかなか会わせたいとは思いにくいと思います。
しかし,面会交流はお子さんの利益でもあります。
というよりも,面会交流で受ける利益は,お子さんが受けるものが最も大きいと思います。
ただ,お気持ちの問題もありますので,性急な解決が難しいでしょう。
それでも,お子さんの利益という観点から,できることがあります。
まず,お子さんの前で,相手方の悪口などを言わないで下さいということです。
離婚で争っている相手方であっても,お子さんにとっては大好きな親です。
お子さんに対して,相手方の悪口を言うことは,お子さんに心理的負担をかけるだけでなく,心理的な児童虐待と評価される危険があります。
それから,お子さんが気軽に相手方の話題を出せるように,相手方の話題をタブーにしないで下さいとお願いしています。
お子さんが相手方の話題を出した途端に空気が凍るような環境は,お子さんに強いストレスを与えることになり,お子さんの健全な生育に決してよい影響を与えません。
お子さんが,一緒に暮らしていない親に「会いたくない。」と言うことがあります。
これは,とても不自然なことです。
児童虐待,殴られたりした身体的児童虐待を受けたお子さんでさえ,その親を求めます。
このように,お子さんにとって親は大切な存在です。お子さんは,一緒に暮らしていない親に会いたいと思うのが自然です。
それを,「会いたくない」というのは,一緒に暮らしている親の影響と考えることが自然です。
お子さんは,幼ければ幼いほど,親の庇護がなければ生きていけません。お子さんは本能的にそのことを知っていますので,これも本能的に親の顔色を見ます。
一緒に暮らしている親が,お子さんが一緒に暮らしていない親と会いたいといったときに,言葉に出さなくてもいやそうな表情をし,逆に一緒に暮らしている親と会いたくないといったときに,嬉しそうな表情をすれば,お子さんは,一緒に暮らしていない親と会いたくないといえば,一緒に暮らしている,自分を庇護している親が喜ぶことを学習します。
当然,一緒に暮らしている親に会いたくないといいます。
だから,お子さんが,一緒に暮らしていない親に会いたくないといったときには,一緒に暮らしている親が,お子さんに対して,一緒に暮らしていない親に会ってほしくないというメッセージを送っていることが少なくありません。
離婚や別居した方で,一緒に暮らしているお子さんが,相手方に会いたくないといっているときには,ご自身の態度などを見直した方がよいこともあります。
それから,離婚や別居の原因や理由をどのようにお子さんに伝えるかということがあります。
お子さんは,特に幼いお子さんの場合,離婚や別居の原因がお子さん自身にあると考えがちです。
自分がよい子でなかったからお父さんお母さんが別れるようになったんだと考えたちです。
そこで,離婚や別居がお子さんが原因ではないことを伝えることが大切です。
ただ,離婚や別居の原因や理由の説明はどのようにするかは,慎重に検討するべきです。
お子さんには隠し事をしない,本当のことをいうという方もいらっしゃいます。
ただ,離婚や別居の原因や理由になった事情を,お子さんに説明しても,お子さんは理解できないことが多いです。
それに,本当のことといっても,その本当のことというように認識していることが,客観的な事実,真実と合致しているとは限りません。
すると,離婚や別居の原因や理由の説明を行っているつもりでも,相手方の悪口をひたすらお子さんに言っているということにもなりかねません。
これは,お子さんを苦しめるだけです。
慎重に考えなければなりません。
 

卒婚の落とし穴

卒婚というものがあるそうです。
卒婚というと,有名人が卒婚をしたという話題がありますね。
子供が独立し、定年を迎えた熟年夫婦が、これまで築いてきた二人の関係を整理し、リセットした上で、もう一度自分自身というものを見直し、それぞれの道に進んでいくというライフスタイルのようです。別居する卒婚もあれば同居のまま過ごす卒婚もあるらしいです。
結婚という形を持続しながら、それぞれが自由に自分の人生を楽しむ、といった夫婦の相互信頼の延長上にあるポジティブな選択肢として評価され,離婚と違って,配偶者として相続権や遺族年金を受ける権利を失うことがありません。
ただ,別居する卒婚には思わぬ落とし穴があり得ます。
すなわち,別居する卒婚の状態を続けているうちに,夫婦関係が形骸化し,破綻していると評価される場合があります。
夫婦関係が形骸化し,修復することが難しいほどに破綻していると評価されると,裁判で離婚が認められてしまう危険があります。
もちろん,別居する形での卒婚すべてで,その状態が長く続くと,裁判で離婚が認められてしまうということではありません。
つまり,夫婦が一緒に住んでいない状態がすべて,別居と評価されるわけではありません。
例えば,単身赴任という状態があります。この単身赴任のときには,夫婦は一緒に住んでいません。しかし,単身赴任にある状態のときには,基本的には別居とは評価されません。
それから,土日だけ一緒に暮らすような週末婚も,別居と評価されることはないように思えます。
ですから,一緒に住んでいないというだけでは,夫婦関係が形骸化していて,破綻していると評価されるわけではありません。
ただ,夫婦関係が形骸化していて,破綻しているといえるためには,まず,一緒に住んでいないことが必要と思えます。家庭内別居とか,仮面夫婦という言葉がありますが,家庭内別居や仮面夫婦が,夫婦の破綻状態を示すものとして裁判所が評価することはほとんどないです。私も不貞の慰謝料を請求する多くの裁判で,請求される側からこのような家庭内別居や仮面夫婦であったという主張が出てくることがありますが,この主張で不利になったという経験はありません。
それから,一緒に住まなくなった経緯が大切です。先ほど単身赴任という話をしましたが,一緒に住まなくなったいきさつが転勤だと,別居と評価されにくいように思われます。逆にけんか別れのように,一方的に家を出たというときには,別居と評価されることになります。
そして,お互いの間にどのようなコミュニケーションがあったのかということです。例えば,単身赴任であると,定期的に帰宅していたり,週末婚でもそうですね,定期的に夫婦としての生活があったり,そのような事情があると別居と評価されにくいですが,全くコミュニケーションがないと別居と評価されやすくなります。。
別居の形をとる卒婚をするときも,コミュニケーションが大切になります。
 

東日本大震災から3年

東日本大震災から3年が経過しました。
震災が起こった午後2時46分,熊本市でも防災センターのサイレンが鳴りました。
東日本大震災が起こったとき,私は東京にいました。
日弁連が入っている17階建ての弁護士会館の17階で会議が行われていた国選弁護本部の会議に出ていました。
揺れが収まると,日比谷公園に多くの人が出ていました。
山手線では列車が止まっていました。
携帯電話もすぐにつながらなくなったようで,私の事務員が私の携帯電話に何度が電話をかけたけどつながりませんでした。
福岡の弁護士と羽田空港に行こうと,外に出ました。
当然にタクシーは捕まりません。
私たちは歩いて,羽田空港行きのモノレール駅がある浜松町駅に向かいました。
しかし,モノレールは動いていなく,羽田空港は閉鎖されていました。
浜松町駅の周りではどのホテルも満室で,弁護士会館に戻りました。
弁護士会館は地下1階の入口から入って,エレベータが止まっていて階段を17階まで,死ぬ思いで上がっていきました。
無料になっていた公衆電話で自宅と連絡を取り,その夜は,日弁連に備え置いていた毛布を借りて,国選弁護本部の会議が行われていた会議室の床で寝ました。
それでも,翌日の昼ころには阿蘇くまもと空港に帰り着くことができました。
このようにスムーズに熊本に帰ることができたのは,情報を効率的に集めることができたことが大きいと思います。
インターネット上には多くの情報がありますが,そこでの情報は噂話と実質的には同じです。
匿名の方が発信される情報やなりすましの方が発信される情報もあり,全くのガセネタやデマも流れています。
東日本大震災のような非常時には,インターネット上の情報を当てにすることはとても危険だと思います。
私は,テレビ報道と航空会社の情報から,翌日,飛行機が飛ぶと思うことができました。
仮に翌日も飛行機が飛ばなくても,予約をしていて不利益はありません。
しかし,予約をしていなければ,翌日に飛行機が飛んだときに帰ることができません。
翌日は綺麗な青空でした。
私が羽田空港に向かうころはまだ山手線など在来線は走っていませんでしたが,新幹線は走り抜けていきました。
 

<<前のページへ345678910111213

アーカイブ

このページのトップへ