アーカイブ

0120-707-355 メールでのお問い合わせはこちら
一般法律相談予約はこちらから
多重債務相談予約はこちらから
取扱業務
法律相談
交通事故
離婚
借金
相続
不動産
売買
賃貸借
請負
会社
労務
刑事問題
よくある質問
リンク集
用語集
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
交通事故専門サイト
離婚専門サイト
中小企業法律相談専門サイト
Twitter
Facebook
google+
山崎法律事務所


〒860-0801
熊本市中央区安政町4番19号
TM10ビル7階
TEL:096-274-1860
FAX:096-274-1861
【営業時間】9:30~17:00

当事務所へのアクセスはこちら>>

山崎法律事務所からのお知らせ
弁護士コラム「ナズナ想」
side_qr.gif


求人募集

HOME > 弁護士コラム「ナズナ想」

弁護士コラム「ナズナ想」

名古屋暴走事件の賠償問題

名古屋駅近くで,自動車で歩道を走行させて,歩行者を次々とはねるという事件がありました。
この事件で,加害者は,行政上の処分,刑事上の処分がなされると思われますが,それらは被害者の救済には役に立ちません。
そこで,この事件の損害賠償についてお話をします。
なお,ここでお話しした内容については,平成26年3月2日午後4時50分からのRKKラジオ「お尋ね下さい!山崎です!」でもお話しします。
この事件では,1人が腰の骨を折る重傷で,12人が足の骨を折るなどの怪我を負ったそうです。
すると,この事件で賠償しなければならない損害額は,数千万円から1億円を超える可能性があります。
加害者が自動車保険を使うということはできません。
保険は,故意で起こした保険事故,保険事故というのは保険金を支払う根拠となる出来事を保険事故というのですが,故意で起こした保険事故については保険会社は保険金を支払いません。
名古屋の事件では,加害者は,殺してやろうと思ってこのような事件を起こしたと言っていると報道されていて,この報道の通りであれば,保険金は支払われません。
すると,加害者が,自身の財産で賠償をしなければならないのですが,加害者にそれができるとは経験則的には思えません。
ただ,この事件では,被害者は,加害者にレンタカーを貸したレンタカー会社に損害賠償請求をすることができます。
すなわち,自動車損害賠償補償法(自賠法)3条では,「自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によつて他人の生命又は身体を害したときは、これによつて生じた損害を賠償する責に任ずる。ただし、自己及び運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかつたこと、被害者又は運転者以外の第三者に故意又は過失があつたこと並びに自動車に構造上の欠陥又は機能の障害がなかつたことを証明したときは、この限りでない。 」と定めています。
損害賠償責任を負う「事故のために自動車の運行のように供する者」(自賠法3条)を運行供用者というのですが,その自動車の所有者であるレンタカー会社も運行供用者になります。
そして,レンタカー会社に故意がないのですから,保険は使えるとでしょう。
このように,レンタカー会社が賠償義務を負うとお話しすると,レンタカーで事故を起こしてもレンタカー会社が賠償責任を負うからご自身が賠償責任を負わなくても安心と勘違いをされるかもしれません。
しかし,交通事故の第一次的な責任は運転者がありますので,レンタカー会社が被害者に賠償した金額は,レンタカー会社から後日請求されることになります。
ご留意下さい。
 

きちょくれ会

「きちょくれ」というのは,「来て下さい」という意味の大分弁です。
ただ,私は,「よだきい(=面倒な)」,「むげねえ(=かわいそう)」、「しんけん(=とても)」という大分弁を使っていましたが,「きちょくれ」は使った記憶がないです。
この「きちょくれ会」というのは,熊本おおいた県人会の懇親会の名称です。
私は,熊本で開業し,おおいたに実家がもうありませんので,弁護士になっても故郷に錦を飾るということはできませんが,この「きちょくれ会」に出席することで,少しはその代わりができるというものです。
ところで,10年後,20年後において,弁護士になることで,故郷に錦を飾るといえるでしょうか。
弁護士であることに少なからず誇りを持てる。
これは,自己満足や業界エゴで片付けられるものではありません。
基本的人権を擁護し,社会正義を実現するという弁護士法1条の理念を持ち出さずとも,依頼者の正当な権利・利益を実現し,守ることを弁護士が職責としているとの市民一般の認識が維持される,そこに,弁護士であることの誇りを持てます。
ところで,きちょくれ会で,熊本の地元タレントの中華首藤さんと同じテーブルに着きました。
中華首藤さんの話では,やはり熊本の地元タレントである英太郎さんが,RKKラジオ日曜日午後4時50分から放送されている,私が出演している「お尋ね下さい!山崎です!」を聞いて下さっているそうです。
嬉しく思っています。

ルール

野球で,ツーストライクの跡でバントに失敗すると,バッターはアウトになります。
たとえファールであっても,バッターはアウトになります。
また,同じく野球で,フライが上がったとき,野球が捕球するときに帰塁していれば,次塁まで走塁できるというものがあります。タッチアップといいます。
野球をする上で,このようなルールを知らなければ,野球のゲームに勝つことは難しいでしょう。
ところで,先日,RKKラジオの「お尋ね下さい!山崎です!」の収録後に,雑談で消滅時効を主張できなくなる事実の例を話していたところ,驚かれました。
その例は,誰でもが陥ることがある出来事の割には,それが重要な意味を持つ事実であることが知られていません。
また,ある依頼者の方がしみじみと言われました。
法治社会であるこの社会で生活をするのに,そのルールである法律を一般人はあまりにも知らなすぎる,まるで暗いジャングルを明かりもなく歩いているようだと。
早めのご相談が大切です。

メディアの意識

日本テレビ系(熊本では熊本県民テレビ)で放送されている「明日,ママがいない」,明日第2回目が放送されますが,抗議の声も上がっています。
熊本市の慈恵病院は番組の打ち切りを求めていますし,養護施設の団体,里親の団体も抗議の意志を表明しています。
これを受けて,この番組を放送打ち切りに追い込む勢いの報道もあります。
親のない子どもたちのために,懸命の活動をされている慈恵病院,養護施設,里親の方々が,この番組をご覧になって腹立たしく思われることも無理からぬことかもしれません。
しかし,一部のメディアが番組の打ち切り必至の報道をすることには違和感を感じます。
話は変わりますが,私の妻は闘病の末に亡くなりました。
ですので,そのようなシーンが出てくる番組は,私はつらくて見ることができません。
私と同じように家族を闘病生活の末に亡くされた方で,私と同じように感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
「だから闘病で苦しんでいる姿が出てくる番組を作るな」ということではありません。
私にとっては,見なければすむことです。
「私はあなたの意見には反対だ,だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る。 」という言葉があります。
これは,フランスの哲学者ヴォルテールの言葉で,民主主義・自由主義とりわけ表現の自由・言論の自由を端的に表した名文句として知られています。
件のメディアには,ヴォルテールの言葉を学習していただきたいものです。
ちなみに,日本テレビが最後まで見ていただきたいというコメントを出していますが,ドラマなどの物語は最終回までの全編を通して主張が完結する作りをしていますので,きちんと主張を吟味するためには最後までみる必要があるという当たり前のことを言っているように思えます。

やはりプロですから

今年は,仕事始めから立て続けに調停が成立して,「春から縁起」がいい状態です。
しかも,いずれの調停も,申立てから極めて短期間での成立でした。
このような案件が続くと,新年から気持ちが良いです。
どの調停も,依頼者の方が同席している前で成立しました。
依頼者の方に言っていただきました。
「素人ではできないですね。」と。
それはプロですから。
法律相談で,ご自身で手続きを進めることを前提に相談される方は少なくはありません。
ただ,1回,話を聞いただけで,ご自身でできるのかについては,きっと難しいでしょう。
これから野球を始めようという方が,プロの野球選手から,打球の捕球の仕方,投球の仕方,打法の説明を受けたとしても,また,少し手ほどきを受けたとして,プロと同じような捕球などができると思う方は極めて少数派ではないでしょうか。
特に,調停や交渉はダイナミックに動く手続です。
それなりの技術や経験がないと,たとえ弁護士から助言を得ていても,有利に進めるのは難しいと思います。
また,このような言葉もいただきました。
「転職するときには士業にしたい。」と。
ご満足いただける結果を出せて良かったです。

ON/OFF

仕事とプライベート。
ONとOFF。
まず服装が違います。
仕事のときにはスーツです。
プライベートではカジュアルに。
私が弁護士に登録したての頃,カジュアルで町を歩いていたところ,知人に会いました。
その知人はご家族と一緒でした。
その知人は,私が弁護士であるとご家族に説明したそうです。
しかし,その知人のご家族は,私が弁護士であることを信じなかったそうです。
その知人曰く,私のカジュアルは,スーパーカジュアルだそうです。
法廷ではめがねを変える裁判官もいました。
私は髪型を変えます。
髪型を変えると雰囲気が変わるそうです。
近所の方がそう言われていました。
OFFの髪型のとき,依頼者の方と事務所外で会ったところ,私であることがすぐには分からなかったそうです。
今日散髪で鏡を見ながら,思いました。



自動車保険の更新

私の自動車保険の更新の案内が来ていました。
私の業務には交通事故による損害賠償請求が多いです。
そのため,まじまじと更新内容を見てしまいました。
この自動車保険には,原則として,人身傷害保険がセットされています。
人身傷害保険は,契約車両に乗車していて負傷したり,契約車両以外の車両を運転していて起こした事故を起こしたり,歩行中や自転車を運転中に交通事故の被害に遭ったりしたときに保障をしてくれます。
交通事故の被害に遭ったときには,加害者から賠償を受けることができるのですが,過失割合によって,受けた損害の全額について賠償を受けることができないことがあります。
そのようなとき,加害者から賠償を受けることができなかった損害についても補償してくれます。
また,加害者が無保険者であったときにも損害を保障してくれます。
これについては,無保険車傷害特約として,補償する保険もあります。
自動車保険・自動車共済に加入していない人の割合(未加入率)は,15%といわれています。
そして,損害保険各社は,暴力団組員との自動車保険契約を拒否するという方針を打ち出しました。
すると,未加入率が増加するものと思われます。
この人身傷害保険,無保険車傷害特約の重要性が増します。



書初めに遺言書作成を

RKKラジオ日曜日午後4時50分からの「お尋ね下さい!山崎です!」を聞いていただいた方で,その12月28日のRKKラジオ土曜日午後5時50分からの「にわか法律相談所」を聞かれた方は,少し驚かれたかもしれません。
「お尋ね下さい!山崎です!」では,12月22日と12月29日の2週にわたり,「書初めには遺言書作成を」という話を,平成24年に引き続いて行いました。
正月には,「1年の計は元旦にあり」といわれるように心が改まる時期で,かつ,ご家族が集まります。
このようなときにこそ,ご自身とご家族の来し方行く末を考え,遺言書を作成するべきです。
ここでも,平成22年1月3日に「書き初めに 」,平成24年1月4日に「遺言書作成の季節 」,平成25年1月2日に「書き初め 」でお話ししていますので,その頃からお読みの方にはおなじみの話題です。
実は,12月28日の「にわか法律相談所」でも,「正月に遺言書を」という話題でした。
専門家としては当然の発想だったということでしょうか。
お子さんが多いなど相続人になるべき人が多いであるとか,連れ子再婚や婚外子がいるなど家族構成が少し複雑な方であるとか,相続財産に不動産が多い方は,深刻な相続争いが起こる危険性があります。
会社のオーナー社長であれば,後継問題も起こります。
認知や未成年後見人の指定などの身分関係のこともできます。
そして,きちんと形式を整えていれば,自筆証書遺言書で有効に行うことができます。
無理に公正証書遺言書にする必要はありません。
是非,書初めに遺言書を作成してください。

最後に,この1年のご愛顧に感謝申し上げますともに,来る年のみなさまのご多幸を祈念させていただきます。

弁護士の交流

先日,拘置所に接見で行きました。
接見というのは,拘置所や留置場に収容されている人に面会することで,弁護士は,立会人なしで接見できます。
今度,ドラマや映画で接見のシーンが出てきて,警察官みたいな人が立ち会っていれば,突っ込みを入れてあげてください。
さて,そのとき,大学の同級生だった弁護士がいて,少し雑談をしました。
私の出身大学である熊本大学は,私の頃には,司法試験の合格者が1年に2人出れば良い方でした。
大学の同級生の誰かが司法試験に合格するということの確率はとても少なくて,私とその同級生がともに弁護士をしているのは,確率的にとても小さいものだと思います。
ただ,改まって話をする機会もなかったのですが,先日,たまたま,拘置所の待合室で話をすることができました。
以前は,弁護士控室が弁護士のサロン的な役割を果たしていました。
裁判前の待ち時間や裁判後にその控室に行くと,誰かがいて,情報交換ができました。
弁護士会内の情報操作もできたように思います。
かく言う私も,友人の弁護士からその弁護士に関することで噂を広めてほしいと頼まれて,弁護士控室で話したところ,瞬く間に,噂が広まって,その弁護士のミッションをクリアすることができたことがあります。
私が話したのは1回だけで,そのとき話を聞いていたのは3人だけだったのですが・・・。
話は横道にそれましたが,そのような弁護士が気軽に情報を交換できる場がなくなったように思います。
時々,依頼者の方や相談者の方から,相手方の弁護士について知っているか尋ねられることがありますが,登録が新しい人とはなかなか顔を合わせたり,話をしたりする機会が減ってきていて,知らない弁護士も増えてきたように思います。
それだけ弁護士同士の交流が薄くなってきたのでしょうか。


DNA鑑定

大沢樹生さんと喜多嶋舞さんの間に生まれたとされるお子さんが大沢樹生さんとの間に生物学上の親子関係がなかったそうです。
すると,次の段階として,親子関係不存在確認と慰謝料請求が法的手続きとして考えることができます。
親子関係不存在確認は,調停手続きで進めようとしていたようですが,相手方の同意を得ることができなければ,裁判手続きを利用し,判決で親子関係が存在しないことを確認することができます。
また,不貞を理由とする慰謝料については,加害者と被害の事実を知ったときから3年,又はその行為のときから20年が経過していなければ請求しても,期間制限(消滅時効,除斥期間)の適用を受けません。
この件では,DNA鑑定で親子でないことが判明した時点から3年いないであれば,慰謝料請求ができることになります。
いずれにしても,DNA鑑定が有力な証拠になって,請求が認められる可能性が高いといえます。
ところで,この件では,DNA鑑定で「父親確率0%」だったそうです。
この話題を見た方は,父親確率として,「50%」とか出たらどうなるのだろうと思われた方もいらっしゃるかもしれません。
実は,「DNA鑑定」において生物学上の親子関係の存否を判断する「父親確率」は,「0%」と「99%」の2者択一です。
「100%」も「70%」も「50%」もありません。
このDNA鑑定は,認知や親子関係不存在といった家庭裁判所の手続の中で行われることが多いですが,家庭裁判所の手続の前の行うこともできます。
そのときは,医師や弁護士などの立場の人が試料採取を行うことが必要だそうです。
私も,家庭裁判所の手続の前の段階で,DNA鑑定の試料採取をしたことがありました。
そういえば,福島瑞穂社民党前党首が弁護士時代にワイドショーに出演していたときに,女性側の依頼を受けて認知請求を申立て,DNA鑑定を行ったところ,相手の男性との間に生物学上の親子関係が認められなかったことがあるとの話をしていました。
お昼のワイドショーを見ていて,ふと思いました。


<<前のページへ4567891011121314

アーカイブ

このページのトップへ