カテゴリ

アーカイブ

0120-707-355 メールでのお問い合わせはこちら
一般法律相談予約はこちらから
多重債務相談予約はこちらから
取扱業務
法律相談
交通事故
離婚
借金
相続
不動産
売買
賃貸借
請負
会社
労務
刑事問題
よくある質問
リンク集
用語集
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
交通事故専門サイト
離婚専門サイト
中小企業法律相談専門サイト
Twitter
Facebook
google+
山崎法律事務所


〒860-0801
熊本市中央区安政町4番19号
TM10ビル7階
TEL:096-274-1860
FAX:096-274-1861
【営業時間】9:30~17:00

当事務所へのアクセスはこちら>>

山崎法律事務所からのお知らせ
弁護士コラム「ナズナ想」
side_qr.gif


求人募集

HOME > 山崎法律事務所からのお知らせ

山崎法律事務所からのお知らせ

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
今年も,少しでも多くのみなさまにとっての,力強い法的パートナーとなるべく精進していきます。
年始は,1月6日より業務を開始します。 

年末年始休業のお知らせ

当事務所は,平成25年12月27日から平成26年1月3日までを年末年始休業とし,通常業務は平成25年は12月26日まで,平成26年は1月6日より行います。
ご迷惑をおかけしますが,ご了承くださるようお願い申し上げます。 

スマホ対応モバイル版専門サイトを開設しました。

スマートフォンにも対応しているモバイル版の離婚専門サイト及び交通事故専門サイトを開設しました。
よろしくお願いします。

夏季特別休業のお知らせ

当事務所では,平成25年8月12日から平成25年8月16日までの期間を,夏季特別休業期間として,通常業務をお休みさせていただきます。
この時期にご相談,打ち合わせを考えていたみなさまにはご迷惑をおかけいたしますが,何卒ご了承くださりますようお願い申し上げます。  

ホームページのリニューアル

総合サイトをリニューアルしました。
また,合わせて交通事故専門サイト(http://www.yamasaki-jiko.com/),離婚専門サイト(http://www.rikonmondai.com)についてもリニューアルしています。
これからもみなさまに親しまれるサイト,みなさまの役に立つサイトにしていきたいと思います。
今後もよろしくお願いします。 

ホームページのリニューアルの続きを読む

中小企業法律相談専門サイトを開設しました。

中小企業法律相談専門サイトを開設しました。
このサイトでは,代表的な契約文書のサンプルを無料でダウンロードできます。
さらに,このサンプルは,ワード文書ですので,ご自由に加工することができます。
ご利用ください。
ただ,このサイトは,PC用に作られていますので,携帯電話,スマートフォンではご不自由おかけすることになりますことをご容赦ください。


年末年始特別休暇のお知らせ

当事務所は,平成24年12月28日から平成25年1月4日までの期間,年末年始の特別休暇により休業します。
通常業務は平成24年内は平成24年12月27日まで,平成25年は平成25年1月7日から行います。
ご迷惑,ご不便をおかけしますが,ご理解下さりますようよろしくお願いします。


報酬基準の改定

当事務所の報酬基準を改定しました。
自己破産において,自己破産申立をする会社と同時申立をされる代表者及び代表者のご家族,自己破産申立をする個人と同時申立をされるご家族について,以下の通りに改定しました。

会社破産において同時申立をする代表者         23万円(実費3万円を含みます。)
会社破産において同時申立をする代表者のご家族   18万円(実費3万円を含みます。)
個人破産において同時申立をするご家族         18万円(実費3万円を含みます。)

(注)弁護士の報酬基準は,日弁連の報酬基準が廃止された後は,各弁護士が自由に定めることができるようになっています。従いまして,弁護士に依頼されるときには,その依頼をしようとする弁護士に報酬基準をご確認ください。特に実費を含んだ金額でないときには,実費が相当な金額になる場合もありますので,ご注意ください。


夏期休暇のお知らせ

当事務所では,平成24年8月13日から平成22年8月17日までの期間を,夏期休暇期間として,通常業務をお休みさせていただきます。
この時期にご相談,打ち合わせを考えていたみなさまにはご迷惑をおかけいたしますが,何卒ご了承くださりますようお願い申し上げます。

7/8の「お尋ねください!山崎です!」と次回予告

毎週日曜日午後4時50分からRKKラジオで放送しています「お尋ねください!山崎です!」

7/8の放送は,「管財人が処分する財産の基準」

今回の放送では,破産手続が開始されると破産したものの財産は破産したものの財産から管財人が管理し,処分する財産となりますが,自由財産であれば管財人による処分をな脱がれることができます。この自由財産の基準や自由財産拡張と渾天に関しての個人の自己破産と会社の自己破産の違いについてお話をしました。
いかがでしたでしょうか。

次回の放送は,「民事再生

自己破産と並んで借金整理の代表格である民事再生ついてお話をします。

次回もよろしくお願いします。


<<前のページへ123456

アーカイブ

このページのトップへ