熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

借金問題

借りてはいけませんよ。

相変わらず破産事件の依頼は少なくありません。
弁護士に依頼して破産・免責申立を行おうとすれば、それなりの費用がかかります。
かつては、日弁連の報酬基準というものがありましたが、現在はそのようなものはありません。
ですので、弁護士により、その費用は様々です。
私の場合、HPで確認していただければよいのですが、個人破産の場合、33万円の費用がかかります。
もちろん、法テラスの援助により破産申立を行う場合には、その費用で行っています。
法テラスの援助によらないで私に依頼する場合、33万円の費用を用意しなければなりません。
この費用を用意するときに、決してしないでもらいたいとお願いしていることがあります。
それは、自分の力で、この33万円を用意することです。
決して借りてこないでくださいとお願いしています。
33万円という金額は、大金です。少なくとも私は大金だと思っています。
そのような金額のお金を用立ててくれる他人は、そのお金を返してもらえると思って貸します。
しかし、借りる方は、破産をするのですから、返さなくてもよいと考えているはずです。
つまり、破産すると決意しているのに、貸してくれる人をだましてお金を借りているのです。
もちろん、法律上、このようなことは許されていません。
免責許可決定の判断においてきわめて不利益に扱われます。
では、破産することを知っていて貸してくれる人がいれば、借りてもよいのでしょうか。
ここまで読んで、そう思われた方もいられるかもしれません。
私は、親子、夫婦の関係でない方の援助は受けないようにお願いしています。
まず、親子、夫婦の関係でない方からの借り入れは、裁判所に債権者として届け出なければならないと考えています。すると、借り入れ時期の点でいらない誤解を招く危険性があります。
破産をすれば、新たな借り入れが難しくなります。
さらに、再び多重債務の状態になれば、2度目の破産・免責は簡単ではありません。
免責許可決定を受けて、借金のない状態でやり直すはずが、すでに借金があるという状態になります。これはおかしいです。
そして、私は、依頼者に、「この破産を人生で最初で最後のものにしましょうね。」という話をしています。そして、「借金をしたり、保証人になったり、名義を貸さないようにしましょう。」という話をしています。
それなのに、その破産のための費用が借金というのはおかしいと思っています。
ですので、破産の費用は、ご自分で用意していただいています。
これは特殊な例ですが、毎月2、000円ずつ入金し、3年くらいたったところで、この方のお母さんが残金を援助して、破産・免責申立を行い、無事に免責許可決定を受けられた方もいます。
毎月2万円~5万円ずつ入金している方は、私の依頼者には多くいらっしゃいます。
皆さん、自分のできる範囲でがんばっていらっしゃいます。
一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。