熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

近隣事件

円満解決和解

今日一つの事件が和解で終わりました。
通常和解は被告がいくらかの和解金(解決金)を支払うことが多いです。
和解条項の第1条に、「被告は、原告に対して、解決金として金○○円の支払い義務のあることを認める。」という文言がきます。
しかし、今日の和解は違っていました。
今日の和解条項の第1条は、「原告と被告は、本件を円満に和解する。」というものでした。
この和解が成立する前に、法廷で、被告が、原告に対し、口頭でですが謝罪をしました。
そして、私の依頼者である原告が、この被告の謝罪を受け入れ、解決金という金銭的給付がなくてもよいとの決断をしたのでした。
そこで、このような和解になりました。
依頼者は、この結果にとても満足し、喜んでいました。
そして、私にかき餅を持ってきてくれました。
この事件での私の報酬です
一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。