熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

離婚

勝ってはいけない裁判

裁判は勝つためにするもの。
そう考えられている方は多いでしょう。
しかし、裁判の中には、勝手はいけない裁判もあります。
では、負ければよいのか?
もちろん負けてはいけません。
離婚訴訟では、このような、負けられないけど勝てない裁判が、他の種類の事件に比べると多くみることができます。
例えば、妻が、幼い子供を連れて家を出て、離婚訴訟を起こされている様な場合です。
このような裁判で、たとえ勝ったとしても、何も解決しません。
裁判に勝ったとしても、妻が帰ってくるはずはありませんし、幼い子供を戻すとは考えにくいです。
つまり、裁判に勝っても、戸籍上の夫婦を続けられる以上のメリットはないのです。
そのときの裁判に勝ったとしても、数年後にまた裁判を起こされるでしょう。
その数年後の裁判では、きっと負けます。
それならば、勝たない様に、上手に和解をまとめた方が、こちらに有利に紛争を解決することができます。
裁判を起こされると、何が何でも勝たなければと思われるのが普通でしょう。
でも、そこで理性的に、勝って得になることがあるかを考え、なければ着地点を考えて上手に和解をまとめるのが利口だと思います。
一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。