熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

私の専門?

事務員「先生の専門は何ですかと聞かれたら何と答えましょうか?」
私「何にしようか。」
事務員「何にしましょうかね・・・。」
私「何にしようかね・・・。」
事務員が電話での問い合わせで私の専門は何かと質問されたらしいんです。
これは別に珍しいことではありません。
相談者や依頼者からよく聞かれる質問です。
熊本でも、専門を持っている弁護士はいます。
例えば私の元のボスでありました原田卓先生は、東京地裁交通部の裁判官でしたので、自他共に認める交通事故の専門家といってよいでしょう。
また、多重債務の専門家といってよい弁護士もいますし、医療訴訟の専門家といってよい弁護士もいます。
いずれも名前を挙げればたいていの方は知っていらっしゃると思います。
私はといえば・・・。
私は、おそらく他の弁護士よりも少年事件をしている割合は多い方だと思います。
国選刑事事件にしても、割と多くの事件をしているとは思っています。
しかし、私の業務に占める少年事件、国選刑事事件の割合はそれほど大きくありません。
これは私に限ったことではないと思います。
熊本では、少年事件や刑事事件の報酬のみでは事務所を維持することすらできません。
私も業務の大部分は、自己破産や任意整理といった債務整理、交通事故や契約上のトラブルに関する民事事件、離婚などの家事事件になります。
まさに町医者のようにあらゆる事件の依頼を受けています。
だから、きっともっともそばで私の業務をみている事務員も、私の専門が何かわからないのでしょう。
実は、私も私の専門が何かわからないのです。
一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。