熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

契約

保証人の意思に基づかない保証債務

時たま、保証するつもりはなかったという保証人の方のお話を聞くことがあります。
今日は、そのような方の中で、500万円の保証をするつもりだったのが、5、000万円の保証をしていたような方々のお話をします。
保証することは、保証契約という契約を結ぶことです。
契約は、契約当事者の意思に基づかなければ、契約上の権利を取得したり、債務、責任などを負担することはありません。
他人から勝手に契約上の債務、責任を負担させられることは原則としてないのです。
ですので、500万円の債務を負う意思しかなくて保証契約をした保証人は、500万円の限度で責任を負えばよいのが原則です。
ところが、5、000万円の保証契約に署名がなされており、ご丁寧に実印が捺印され、印鑑登録証明書まで添えられていればどうでしょう。
考えられるのは、何も金額を書いていない保証契約書に実印を捺印したか、実印を貸したか、その上で印鑑登録証明書まで渡したのだと思います。
日本の取引社会では、実印があれば、その持ち主のほとんどすべての財産を自由に処分できます。
それほどの効力が実印にはあります。
私は、私自身が他人の保証人になりたくないので、他人に保証人を頼むことは滅多にありません。
ですが、私が司法試験に合格して司法修習生になるとき、当時住んでいたアパートが公害にあり不便だったので、町中にアパートを借りるために保証人を頼んだことがあります。
そのとき、仲介した不動産屋さんが、保証人になる人が忙しくて来られないのなら実印を借りてきてもいいですよと言ったので、私は、そんな恐ろしいことはできないと言いました。
それほど実印の取扱には注意が必要です。
そのような実印が押されていれば、保証契約の相手方は、この保証契約が実印の持ち主の意思に基づいていると信じるでしょう。
他人が勝手に契約当事者の代わりに契約することを無権代理といいますが、このように契約相手方が、その他人が契約当事者に頼まれていると信じることが無理もないというような場合を表見代理といい、他人から勝手に契約された契約当事者は、その契約の責任を負わなければなりません。
ですので、他人に実印を預けたり、金額を書いていない保証契約書に実印を押したりした保証人は、その保証しなければならない金額が、その他人から保証を頼まれた金額より多い金額であったとしても、その多い金額について保証人としての責任を負うことになるのです。
ですので、契約書に実印を捺印したり、貸したりする場合には、それなりの覚悟をすることが必要です。
一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。