熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

交渉

裁判をしたくない

弁護士は、裁判の依頼を受けるだけでなく、交渉の依頼も受けます。
任意整理などは、よく知られている交渉ごとだと思います。
任意整理では、依頼者の資産状況、勤務先により、極力裁判を避けるような交渉の進め方をしています。
任意整理以外でも、交渉ごとは多くあります。
そのような中でも、裁判をとにかく避けたい方もいるようです。
そのような方から依頼を受けた場合、私も極力裁判になることを避けるように交渉を進めます。
しかし、それは裁判のことを全く念頭に置かないということではありません。
この社会で生じる紛争は、終局的には裁判で解決する仕組みができています。
ですので、交渉で解決しようとしている紛争でも、裁判により解決がなされる可能性は否定できません。
そこで、その紛争が裁判になった場合も想定して、交渉を進めることも必要になります。
また、交渉に無駄に時間をかけるよりも、裁判の方が早く解決できることもあります。
紛争について、絶対に裁判による解決を避けたいのなら、相手方の提案通りにするしかないと思います。
一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。