熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

事務員の仕事

パートですが事務員を7月30日までの期間募集していますが、今日も問い合わせが続きました。
問い合わせを聞いていると、法律事務所の事務員がどのような仕事をしているかのイメージを持ちにくいだろうなと感じています。
法律事務所の事務員の仕事は、一言で言うならば弁護士の補助をする仕事です。
その内容は、事務所ごとに違います。
時間管理など秘書的仕事をしている事務員がいる事務所もいるでしょうし、弁護士が裁判所に行くときに、その乗る自動車を運転する事務員がいる事務所もいます。
私の事務所では、私が自動車の運転をしますので、事務員が運転手となることはありません。
先日は、私が自動車を運転して、事務員を裁判所に連れて行きました(正確には、私も裁判所に行く用事があったので、ついでに私の運転する自動車に事務員を乗せて行ったと言った方が正確ですが)。
私の事務所の事務員の仕事は以下のようなものです。
1 電話の応対
2 事務所内の掃除
3 茶碗などを洗うこと
4 接客をすること
5 郵便局で大きな郵便を出すこと
6 文房具・切手などを注文すること
7 裁判所への書面提出を補助すること
8 弁護士会への書面提出を補助すること
9 法テラスへの書面提出を補助すること
10 法務局から登記簿謄本の交付を受けること
11 市役所などへの戸籍謄本・住民票などの交付請求を補助すること
12 預金の管理をすること
13 任意整理で貸金業者との交渉を補助すること
14 消費者金融が開示した取引履歴について引き直し計算をすること
15 破産申立書・民事再生申立書の書面作成を補助すること
16 その他弁護士が裁判所に提出するべき書面の作成を補助すること
私の事務所の事務員の仕事の内容をざっと拾い上げるとこのようになるでしょうか。
上の中で「補助すること」となっているのは、弁護士がその職務として行うべきものを、弁護士の補助者として、弁護士の名で行ってもらっているという意味です。
これだけ書くと、私の事務員がとても大変で、優秀な事務員だと思うことでしょう。
私の事務員の長所は、勉強熱心であるということです。
わからないことがあると、臆面もなく、裁判所にまで電話をして書記官に訪ねています。
弁護士である私がそばにいるのに・・・(実は、私もわからないことは書記官に電話をして尋ねます。)。
事務員になった頃はパソコンを使いこなせていたのでなかったそうですが、今ではパソコンも不自由をしない程度には使いこなしています。
ただ、時として、笑えるミスもしてくれます。
天然なところがあります。
一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。