熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

離婚

養育費と面接交渉

養育費を支払わない親に面接交渉は認められるでしょうか。

離婚して子供を育てている親御さんの立場からいえば、養育費も支払わない他方の親に会わせたくないと考えるのは人情でしょう。

すると、子供に会いたければ養育費を支払えということになるのでしょう。

では、養育費は身代金と同じものでしょうか。

それは違うと思います。

調停委員の中には、面接交渉をしたければ養育費を支払うように促す人もいるように聞いたことがありますが、これは法律上正しくないと思います。

なぜなら、養育費を支払ってもらうことも、面接交渉も、未成年の子供の権利であると考えるからです。

未成年の子供にとって見れば、養育費の支払いを受けるという権利を満足させられなければ、面接交渉もさせてもらえないという不合理な結果になってしまいます。これは理屈に合わないと思います。

もし、子供を育てていない他方の親に養育費を支払わせ続けたいのなら、子供と会わせることがもっとも手っ取り早い方法です。

一般的に我が子はかわいいものです。そのかわいい我が子の成長を見ていれば、少々無理をしても養育費を支払うものです。それを、子供に会わせないけど養育費を支払えでは、支払う方の気持ちが長続きするはずがありません。何も見返りのない金銭を支払い続けることができるほど、人は強い心を持っていません。

家庭裁判所の調査官の調査でも、子供と定期的に会っている親の方が、養育費を支払い続ける可能性が高いという結果が出ています。

養育費を支払わせるために公正証書を作り、その中に養育費の支払いを1度でも怠れば一括で支払うという条項(期限の利益喪失条項)を入れる方もいますが、そのような条項など法律上意味がありません。

それよりも、子どもと会わせれば、そして会うたびに我が子に甘えられれば、よほどのことがない限り、養育費の支払いを止めようなどとは考えないものです。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。