熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

交通事故

交通事故で病院に運ばれたら

裁判というものは、証拠がそろっている方が勝ちます。 予防法学(紛争や裁判に備える)という点から考えると、自己に有利な証拠を残すことを意識しておくべきです。 しかし、普段の生活の中では、なかなかそんなことに意識を使うことは難しいです。 ただ、交通事故の場合には、比較的、将来の裁判を意識した行動をとることができると思います。 その中でも大切なことは、実はとても当たり前のことです。 交通事故で病院に運ばれたら、痛いところやぶつけたところを素直に医師に申告しましょう。 交通事故にあると、その後に症状固定という状態になり、後遺障害等級認定がなされます。 その後遺障害等級認定を受けるためには、後遺障害診断書というものを作成してもらう必要があります。 実は、この後遺障害診断書よりも重要といえるのが、初診時の診療録(カルテ)であるといえます。 人として考えれば、後遺症が残らないことに超したことはありません。 いくら後遺障害慰謝料を受け取り、後遺症に基づく逸失利益を賠償されたとしても、後遺症により失ったものに比べれば小さいものです。 でも、後遺症が残るのであれば、適正に後遺障害等級の認定を受けるべきと思います。 ところで、例えば、交通事故で頭を打っていたにもかかわらず、このことを初診時に医師に申告していなければ、診療録に頭部打撲という記録が残りませんので、後日、高次脳機能障害という重大な後遺症が発生したとしても、交通事故との因果関係を否定され、後遺障害等級が認定されないという結果になってしまいます。 ですので、交通事故で病院に運ばれたら、我慢などせず、痛いところやぶつけたところは、正確に医師に申告することが大切です。 それにより、後日の適正な後遺症等級認定がなされ、正当な制球の基礎となることができることになります。
一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。