熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

刑事事件

やりにくい世の中

架空請求という言葉が登場したのは、もう5、6年前のことでしょうか。 1円もお金を貸したりしていないのに、人の心の弱さにつけ込んで「お金を返させる」のですから、最初に架空請求を考えついた人は頭が良かったのだと思います。 この架空請求でよく登場するキャラクターに弁護士があります。 示談金名目で多額の金額を請求するそうです。 6、7年前に、民事事件で通知を出したのに、私の依頼者の職場まで4、5人の大人数で押しかけた人がいました。 この人は、非常識なことを平気でしていますが、暴力団関係者とかではなく、熊本市内の繁華街で小料理屋を営んでいます。 その人が、私からの通知を架空請求と思ったと言い訳していました。 別にお金の請求などしてなく、私と交渉して下さいという内容なのにです。 このような極端な人はあまりいないと思いますが、このようなご時世です。 「弁護士です。」と名乗っても信用してもらえないかも知れないです。 示談や被害弁償のために、被疑者・被告人のご家族に電話で連絡をすることがありますが、私選弁護と違い国選弁護の場合には、それがご家族との初めての接触となることがあります。 架空請求と思われているのかなと思いながら電話をします。
一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。