熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

節約のつもりが・・・

司法試験に合格する前、これを受験生時代と言いますが、私の受験生時代は本当にお金がありませんでした。
1月の収入が多くて15万円くらいで、10万円を切ることもありました。
そして、私には、仕送りをしてくれる親はいませんでしたから、この自分の収入で生活をしなければなりませんでした。
しかも、受験を続けるにはお金がかかりましたから、15万円の収入があっても丸々生きていくために使えるのではなく、3万円とか貯金をしていました。
ですので、お金を使うことはできるだけ避けようとしていました。
だから、風邪を引いても、病院に行くと高いかもしれないと思って薬局で薬を購入していました。
でも、健康保険制度では、病院に行って薬を処方してもらう方が、早く治るし、お金もあまり使わなくても済むなんてことも珍しくありません。
でもお金がないと病院に行くとお金を取られるんだろうなと思って、なかなか病院に足が向きません。

法律相談で、相談に来られる方のお話を聞いていると、同じような気持ちなのかなと思う場面に出くわすことがあります。
一般的に、弁護士費用については、高いと考えている方が大多数だと思います。
普通のサラリーマンの1ヶ月分の給与より高い場合も少なくありません。
だから、できるだけ弁護士に依頼せず、ご自身で解決したいと考えられるのは無理がないことです。
弁護士の仕事というのは、それほど特殊なものではありません。
交渉にしても、訴訟活動にしても、弁護士でない方がやろうと思えばできないことではありません。
私のところに法律相談に来ながらですが、ご自分で訴訟活動をして、見事勝訴をした方も知っています。
逆に、節約した弁護士費用以上の損をした方もいらっしゃいました。

私以外にも法テラスの利用や弁護士費用の分割ができる弁護士も探せばたくさんいます。
弁護士に相談するのも早いほうがよいと思いますが、弁護士に依頼するのも早いほうがよいと思います。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。