熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

電話口

弁護士に相談に行こうと考えられる方は、多くの場合その弁護士の事務所に電話をされるでしょうか。
私の事務所もそうですが、最近はメールでの相談予約を受け付ける事務所も増えていますが、電話でのご予約をされる方はやはり大多数です。
企業と同じように電話の対応はその事務所の顔といえます。
電話口には、事務員が出ることが多いですが、弁護士が出ることもあります。
ある事務所に裁判所から電話があったとき、その事務所の女性弁護士が出たところ、最後に「では先生にそのようにお伝え下さい。」と裁判所から言われたとそうです。
その電話の用件は、その女性弁護士宛のものだったそうですが、その女性弁護士は、「はい伝えます。」と言われたそうです。
ここだけの話しですが、裁判所の対応は、弁護士に対するものと事務員に対するものとは雲泥の差があります。
電話をしたところ、出られた事務員がその事務所の弁護士以上にしっかりしていると感じたこともありました。
先ほど電話をした事務所は、関西方面にある事務所で、関西風の言葉つがいを期待していたのですが、とてもしゃきしゃきした東京風の応対をしていただきました。
私の事務所に電話をされる方は、どのように感じているのでしょう。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。