熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

強い弁護士???

「強い弁護士」という言葉を聞くことがあります。
「離婚に強い弁護士」とか、「相続に強い弁護士」とか、「刑事に強い弁護士」とか。
そういえば、日本テレビの「行列のできる法律相談所」に出演している弁護士は「史上最強の弁護士軍団」でしたでしょうか。
この「強い」というのはどういう意味で使っているのでしょうか。
どのような裁判でも滅多に負けることがない。
きっと「強い」という言葉に込められているニュアンスはそのようなものでしょう。

ところで、癌の専門医について、いわゆる強い医師のリストを作るとします。
癌には、初期のステージ1から相当程度進行したステージ4まであります。
当然ステージ1の患者を治療した方が、治療後の生存期間、生存率がよいです。
ある医師が治療した癌患者がどれだけ長期間生存し、また、その生存率が高いかだけで癌に強い医師のリストを作るならば、そのリストで上位になりたい医師は、ステージ1の患者だけの治療をしておけばよいです。間違ってもステージ4の患者の治療をするべきでないではないとなります。

弁護士についても同じことが言えます。
裁判の勝ち負けだけで評価するのであれば、弁護士は勝訴の見込みがかなり高い依頼だけを選んで受任すれば、「強い」弁護士との評価を得ることができます。負けそうな案件の依頼を受けなければよいのです。
もし、依頼しようとした弁護士から断られたのであれば、その断った弁護士は、「強い弁護士」になろうとしているのかもしれません。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。