熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

子供は親に愛されたい。

岡本海渡君が死亡した事件の報道で、海斗君が、「パパはいじめていない。」と、近所の男性に話したということが報道されていました。
マスコミは警察の流す情報を無批判に報道していますので、マスコミの報道がどれほど真実かは分かりません。これは、松本サリン事件の河野さんに関する報道や、最近の大阪の芸人さんの傷害事件に関する報道の例を見ても分かると思います。
ただ、マスコミの報道しかありませんので、その内容を前提にお話をします。
今回の事件でも、学校や児童福祉施設がもっと早く適切な行動がとれなかったかという議論がなされています。
児童虐待で子供が死亡する事件は、海渡君の事件より前にも起きています。
単なる批判に終始するのでなく、このような事件を防ぐために、具体的に何をすべきであったかの検証は必要です。
ただ、児童虐待は、被害者である子供からの申告がほとんどみられないという特徴を持っています。
これは、被害者である子供に虐待されている認識がない、怒られているのだという認識であることも珍しくないことも理由として考えられます。
子供は、きっと、親という存在がなければ、生きていくことができないことを本能的に知っているように思います。
だから、子供は親に愛されたいと願っているのだと思います。
虐待される子供は、それでも親から離れたがらないことが多いそうです。
親からの愛情を感じられない、でも、親からの愛情がほしい、その愛情を求めて親に近づいていく。
海渡君も、お父さんから愛されたかったのだと思います。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。