熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

借金問題

意外と高いんですね

現在、日弁連の報酬基準は廃止されていて、弁護士報酬は個々の弁護士ごとに定めることができます。
同じように、司法書士報酬も個々の司法書士ごとに定めることができます。
ですので、これからのお話は、弁護士と司法書士の全てについていえるお話ではないことを了承してお読み下さい。
自己破産、民事再生については、弁護士だけではなく、司法書士も業務として行っています。
ただ、司法書士には、弁護士と異なり、代理業務を行うことができず、書面作成業務だけです。
実は、私は、司法書士報酬が弁護士費用に比べて格段にやすいという認識でしたので、法律相談などでも、司法書士報酬は安いと思うという話しはしていました。
ところで、先日、相談に来られた方が、その方が自己破産を依頼しようと考えていた司法書士の報酬を教えて下さいました。
なんと、32万円!!
それは高い!!
私は、自己破産の依頼を受けるとき、実費を併せて33万円でお願いします。
弁護士は、代理人として裁判所・管財人と話ができますし、裁判官の前に一緒に並んで座ることができます。
司法書士は、代理人として裁判所・管財人とは話はできませんし、裁判官が審尋する部屋に入ることすらできません。
司法書士には、代理権限はなく、書面作成権限しかないからです。
それなのに弁護士報酬と司法書士報酬がかわらないことにはびっくりしました。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。