熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

借金問題

家族に内緒で

個人再生では少ないようですが、自己破産や任意整理では、ご家族に内緒で手続を進めたい方が少なくありません。
怒られるという理由の方もいますが、離婚問題に発展するといわれる方もいらっしゃっいます。
弁護士には守秘義務がありますので、たとえ依頼者のご家族といえども、どのような依頼を受けたかという依頼の内容は当然ですが、そもそも依頼を受けているのか、相談を受けたかについても、これを明らかにしてはならないと考えられています。
そのため、私から、ご家族に依頼を受けたことを伝えることはしません。
依頼者の許可がなければ、ご家族からの問い合わせについても、答えることができません。
債務整理においても、このような義務を弁護士を負っています。
ですので、私は、できればご家族に内緒で手続を進めるのは避けた方がよいと思うので、ご家族に話されてはいかがですかとアドバイスをするのですが、依頼者が望まないのであれば仕方がありません。
まず、個人再生や任意整理をする場合、一定期間に一定金額を弁済に回さなければなりませんが、その分家計に負担をかけてしまいます。
それに、弁護士に依頼して債務整理をするには費用がかかります。(因に司法書士に依頼しても弁護士に依頼するのと大差ない金額の費用がかかるようですが。)この費用を、ご自分だけで家計に影響を与えずに用意することも大変なことです。
ご家族の協力を得ることなく、また、ご家族に内緒で、ご自分一人でこれらをやりくりすることはとても大変なことです。将来的には失敗するリスクが高いと言えます。
また、自己破産にせよ、個人再生にせよ、任意整理にせよ、債務整理を行えば、信用情報機関に事故情報が登録されると思われます。(もちろん、弁護士に依頼する前に滞納を続けていれば、既に信用情報機関に事故情報が登録されてはいると思います。)
この事故情報については、ご家族も影響を受けているのではないかと予想される事例もありました。
これが債務整理の影響とは言い切れませんが、名字と住所が共通していれば、家計を同じくするご家族ということは分かりますので、その信用情報に悪影響を与えることもあり得ます。
このようなことを考えると、できればご家族と相談をされて、債務整理をされることをおすすめします。
それに、ご家族のご協力があれば、債務整理後の経済的な立ち直りが成功する可能性も飛躍的に高くなると思います。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。