熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

少年事件

オードリー

オードリーという漫才コンビがいます。 昨年もっとも売れた芸人の1組ですので、多くの方が知っていることと思います。 オードリーの掛け合いの中に次のようなものがありました。 若林「お前とはやっていけねえよ。」 春日「本気で思っているのか。」 若林「本気で思っていたらコンビを続けていねえよ。」 春日「デヘ(^_^)ゞ」 記憶で書いていますので、少し違うところはあるかもしれませんが、雰囲気は合っていたと思います。 漫才の落ちでよく使われるネタでした。 このやりとりは、親子とか夫婦とか、特に親しい関係では必要なやりとりであるように思います。 例えば、父親と子供の関係です。 昔は、子供は父親の背中を見て育つと言われていました。 私はリアルタイムでみたことはありませんが、「寺内貫太郎一家」というドラマは、このような親子関係を背景にしています。 昔は、父親は特別な存在でした。 一家の大黒柱として、金を稼いで、家族を養う責任がありました。 父親の食事は、必ず一品多くて、居間の上座にいつも鎮座して。 母親は、いつも台所で炊事とか、洗濯とかに忙しくて。 それが、子供は父親の背中を見て育つの舞台装置でした。 そのような舞台装置が残っている家庭は、現在ではとても珍しいと思います。 それで、子供に父親の背中を見て育てと言えば、それは単なるコミュニケーション不足に陥るだけです。 それに、現在は、昔のように、一つの価値観を社会全体で共有するような社会ではありません。 一つの価値観を共有しているような社会であれば、「以心伝心」という言葉があるように、いちいち言葉にしなくても、態度や行動で、思っていることが通じ合うかもしれません。 しかし、現在は、人や物そして情報の交流によって、多様な価値観が共存する社会になっています。 「以心伝心」の基礎となる社会ではなくなっているといえます。 このような社会では、「あなたのことを大切に思っている。」という気持ちは、言葉にしなければ相手に伝わりません。 これは、親子や夫婦でも同じことが言えます。 若林「お前とはやっていけねえよ。」 春日「本気で思っているのか。」 若林「本気で思っていたらコンビを続けてねえよ。」 春日「デヘ(^_^)ゞ」 このようなやりとりは、親子や夫婦の間でも、大切だと思います。
一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。