熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

測量

これまでも何度か測量をしたことがあります。
裁判で境界を明らかにすることが必要な場合は測量をしなければなりません。
今は、GPSを利用して測量しますので、これまでの測量と比べるとほとんど誤差がない測量ができます。
地積調査でもそうですが、2つの基点を定めると、基点からの角度で測量した地点を地図上に定めることができます。
今日は、海上の点の測量を行いました。
海上の点といっても、沖合ではなく、干潮になれば干潟になるところですが。
この場合も、陸上の基点からはかります。
それでも、あの赤白の棒を使います。
その棒をたてた地点を陸上の基点から計ります。
現地で1時間。
潮が引くのを待ちました。
歩いていけるくらいまで潮が引いて、干潟を歩いて現場まで行きます。
行くときは良かったのですが、帰るときには、あちらこちらで泥に足がはまってしまいました。
こけなくて良かった。
割とフットワークが軽いんです。


一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。