熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

普天間基地問題

昨日、鳩山由紀夫内閣総理大臣が普天間基地問題で沖縄訪問をしました。
弁護士なら依頼者に対してあのような行動はとらないだろうと思ってみていました。
まず、沖縄県民に期待させるだけ期待させたことです。
沖縄県民は永く米軍基地を抱えているわけですから、この米軍基地が少しでも沖縄県外に移転してくれれば、それは大喜びです。
でも、普天間基地の返還の合意から10年以上の年月をかけていることを考えれば、基地問題が簡単でないことは沖縄県民も子どもでないのですから分かっていたと思います。
それを、さも容易にできるように期待させた責任は大きいと思います。
弁護士が依頼を受ける際には、依頼を受ける案件についてのリスクを説明するようにしていますでの、期待させるだけ期待させると言うことはありません。
この点で、移転先を県外・国外にこだ割った場合には普天間基地が固定化されるリスクがあることを早い時期に言及した岡田外務大臣は誠実だったと思います。
また、もっと早い時期で、普天間基地全部を沖縄県外に移設することが困難であることは分かっていたと思います。
私は、依頼者にとって悪いニュースはできるだけ早く依頼者に伝えることにしています。
よいニュースも早く伝えなければなりませんが、悪いニュースではその対応を準備しなければならないからです。
鳩山内閣総理大臣は、ぎりぎりまで県外移転で頑張ったというポーズを作りたかったのかもしれません
弁護士が依頼者に対してこのような行動はとりません。
弁護士と政治家とでは、行動規範は大きく違うようです。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。