熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

離婚

これも都市伝説

離婚の相談を受けることは少なくありません。
夫側からの離婚相談では見られなくて妻側からの離婚相談で見られる相談というものがあります。
多くの方が「離婚したいんです。」というような切り出し方をされます。
協議離婚や調停離婚であれば、性格の不一致などでも離婚ができます。
相手が同意すれば離婚できます。
これが裁判で、しかも判決で離婚をしたいとなると、民法770条に規定されている理由のどれに当たるかを検討しなければなりません。
離婚したいといっているんだから離婚させてあげればよいのにと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、離婚したくないという他方当事者がいますから、なかなか簡単ではありません。
それで、一通り相談を受ける中で、尋ねられる方がいらっしゃいます。
結婚して○○年経ちますけど慰謝料はいくらもらえますか?と。
離婚の原因が、不貞であるとか、DVなどであれば、慰謝料を認めてもらえるはずです。
それは、離婚の原因となった不貞やDVが、それ自体単独ででも慰謝料を請求できるもの(不法行為)だからです。
そのような不法行為を原因として婚姻を破綻させられたのだから慰謝料を支払ってもらえるのです。
離婚の原因が性格の不一致など不法行為に当たらない原因であれば、慰謝料を支払ってもらう根拠がないといえます。
しかし、婚姻期間が長ければ、それだけで離婚時に慰謝料を支払ってもらえると考えている人が少なくないようです。
もし、婚姻期間が長いだけで離婚時に慰謝料を支払ってもらえるのであれば、男女平等ですので、妻側だけでなく夫側も、離婚時に慰謝料を支払ってもらえるとなりますが、そんなことはあり得ません。
結局、婚姻期間が長ければ、それだけで離婚時に慰謝料を支払ってもらえるというお話は、一つの都市伝説に過ぎません。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。