熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

離婚

男は損!男は損?男は損・・・

夫側から離婚相談を受け、法律上の手続を説明していると、ほとんどの方が言われます。
「男って損ですね!」
離婚においてなされる給付として、婚姻費用分担、養育費、財産分与、年金分割、離婚慰謝料があります。
このうち、離婚慰謝料は、婚姻を不貞やDVなどの不法行為により破綻させた者から破綻させられた者に支払われる金銭です。
婚姻費用分担は、別居している夫婦において、夫婦相互の扶養の義務に従い、収入の多い配偶者から収入の乏しい配偶者に対して支払われる金銭です。
夫婦において、日本においては、妻が専業主婦または夫の収入が圧倒的に多いという現状がありますので、婚姻費用を分担するのは概ね夫です。
養育費は、子を扶養する義務に従って、離婚後に子を監護していない親から子に対して支払われる金銭です。
子の親権は、母親が得ることが多いので、子の養育費を負担するのは概ね夫です。
そもそも子の親権をほとんど得ることができないことを不満に思う夫も少なくありません。
財産分与は、婚姻期間中に形成した共有財産を精算して夫婦で分割する手続です。
共有財産の多くは、収入のある夫名義で形成されていることが多いので、夫名義の財産が分割されることが多いです。
年金分割は、婚姻期間中の納付した厚生年金料に相応する年金額を分割する手続です。
そのため、離婚は夫にとっては損という印象を受けるます。
ただ、婚姻費用だけで生活したり、養育費だけで生活できる方はごく少数派です。
また、財産分与、年金分割で得ることができる利益は微々たるものであることが大多数です。
婚姻生活を続けることにより、例えば専業主婦のままでいられる利益、夫の特有財産までを相続で取得できる利益、夫の年金、遺族年金で生活できる利益に比べると、経済的に張り込んで妻が得られる利益は大きくはありません。
経済的に見ると、離婚したときだけを見ると、離婚は、夫(男)にとって損な印象を受けるでしょうが、長い目で見ると、実は妻(女)にとって損な制度です。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。