熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

交通事故

弁護士に依頼するメリット

過払い金返還請求で、この消費者金融は依頼者がご自分で交渉するといわれ、消費者金融から弁護士に依頼しろと言われて憤慨していたことがあります。
その消費者金融は、お申し付けの通り私が出て行くと、割と素直に和解に応じた記憶があります。
また、ご自分で交渉した金額と、弁護士が交渉した場合の金額と差がある消費者金融もあるようです。
ところで、交通事故も同じようなことがいえるときがあります。
案件によっては、弁護士が入っても金額が動きそうにないもの、たとえ動いたとしても私の着手金、報酬金を考えると、弁護士特約を使えなければメリットがないものがありますので、そのような案件はご自分でされてはどうですかと提案します。
しかし、人身事故の案件では、保険会社の提示額が大きく動く可能性があります。
保険会社の提示額は、基本的には自賠責保険の範囲内にとどめようとしますので、弁護士を入れても、その弁護士に費用を支払ったとしても、メリットがある程度には金額が動くことが多いです。
さて、交通事故の分野には、行政書士さんも多く参入しているようです。
ただ、行政書士さんは、交通事故の交渉を代理することができません。
行政書士さんに相談しても、交渉はご自分でしなければなりません。
熊本の行政書士さんではありませんが、交通事故の専門家を看板にしている行政書士さんがいます。
その行政書士さんのホームページでは、ある台詞を殺し文句にして交渉をしてみてくださいとの表示があります。
その台詞は一見なるほどと思いますが、保険会社が嫌といえばどうするのだろうと率直に思います。
保険会社は理屈ではなく、金額という側面があります。
その台詞だけで保険会社が妥協すると思えないのですが。
保険会社との交渉では、裁判に発展することは少なくありません。
ただ、私と相性が合う保険会社もありまして、その保険会社で裁判に発展した記憶がありません。
裁判まで発展しなかったということは、依頼者が納得する金額の提示があったということになります。
その行政書士さんによると、その保険会社で裁判に発展した経験が山ほどあるそうです。
その行政書士さん自身が交渉したわけではないでしょうから、その行政書士さんの助言に従って交渉しても裁判になるということでしょう。
裁判にまで発展しなくても和解ができることも弁護士に依頼するメリットでしょう。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。