熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

少年事件

昔は、男は人前で涙を見せないものだのような教えがあったように思います。
私は、父の涙をあまり見たことがないように思います。
父親は泣いてはいけないと思っていました。
私の娘は、父親はよく涙を流すと思っているかもしれません。
中村雅俊さん主演の「われら青春」というドラマでは、「涙は心の汗だ。」という言葉がおく出てきました。
エンディングテーマの歌詞にもありました。
一通り涙を流すと落ち着くこともあります。
私の法律相談や打ち合わせでも、相談者や依頼者が涙を流すことがあります。
それぞれ事情がありますから。
そういえば、少年事件でも、少年が涙を流す光景を見ることは少なくありません。
少年事件の付添人はたいてい1人ですることが多いのですが、他の弁護士と一緒にした事件もあります。
その事件で、少年は少年鑑別所にいました。
私と話をしていた少年の目から次第に涙があふれてきて、一緒にしていた弁護士が驚いたこともありました。
また、少年事件では、審判廷で涙を流す少年の姿を見ることもありました。
少年事件の審判は、それなりに感銘力があったようです。
ただ、最近の少年審判では、少年が涙を流す光景に出会うことが少なくなりました。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。