熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

参議院の存在意義

参議院通常選挙公示を明日に控えてテレビ番組で参議院が取り上げられる機会が増えましたが、参議院が不要だという論調も聞かれます。
確かに、内閣総理大臣の指名、予算議決、条約承認で衆議院と参議院の議決が一致しない場合には衆議院の議決が国会の議決になりますし、法律も参議院が否決しても衆議院が出席議員の3分の2以上の多数で再議決すれば成立します。
このような衆議院の優越は憲法が定めている制度です。
衆議院の優越を見ていると、確かに参議院がいらないと思うかもしれません。
ところが、ある重要な国会の仕事については、衆議院の優越を憲法は認めていません。
その仕事というのは、憲法改正の発議です。
発議するというのは国民に憲法改正を提案するという意味です。
憲法改正には、国会の各議員の総議員の3分の2以上の多数で議決する必要があります。
ここでは衆議院の優越は認められていません。
衆議院で3分の2の多数を得た勢力はあります。
ここに参議院の存在意義があると思います。
小泉自民党がそうでしたし、鳩山民主党がそうでした。
しかし、これまで、衆参両院でそれぞれ3分の2以上の多数を得た勢力はありません。
つまり、憲法は、参議院に、憲法改正について、衆議院の独走をチャックする機能を期待しているのだと思います。
参議院議員になる方は、それなりの憲法観、国家観を持った方になってもらいたいです。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。