熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

交通事故

保険会社の立場

弁護士と保険会社は、交通事故の場面では似たような役割をします。
弁護士は、依頼者のために交通事故における損害賠償問題を解決します。
保険会社は、契約者のために交通事故における損害賠償問題を解決します。
とても似ていますが、本質的に異なることがあります。
弁護士は、依頼者の利益を守ることを使命としています。
まず、依頼者にとっての利益・不利益を考えます。
また、依頼者の要望も無視できないものです。
依頼者に要望されれば、相手方の保険会社に頼み込んで、何とかかんとか無理を通してもらうこともあります。
これに対して、保険会社は、営利企業ですので、会社に損失が出ないことをまず第1に考えているようです。
契約者に不利益が生じることはあまり考えていないようです。
契約者に生じる不利益の大きいものに訴訟リスクがあります。
この訴訟リスクについては、ほんの一握りに保険会社を除いて保険会社は全くと言っていいほど考えていません。
どうせ保険会社の顧問弁護士が出て行くからいいのだ位にしか思っていないようです。
そして、契約者が、少々保険会社の基準を超えても、示談してくれと要望があっても、保険会社はこれに従う必要がありません。
交通事故における保険会社の立場というのはこのようなものです。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。