熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

交通事故

確認してください、弁護士特約

今日は、日弁連交通事故相談センターの事故相談の担当日でした。
熊本では、熊本県弁護士会の法律相談センターで、日弁連交通事故相談センターの事故相談、斡旋業務を行っています。
相談、斡旋はいずれも無料です。
ところで、相談をお受けしていると弁護士費用についての誤解を持っていらっしゃる方も少なくなく、また、ご自分の加入している任意保険について理解をされていらっしゃらない方も少なくないことを感じます。

例えば、交通事故の示談交渉で、相手方の保険会社から60万円の提示をされているとします。
私たちの使っている「赤い本」で計算をすれば、さらに50万円程度の金額のアップができそうだとします。
しかし、ご自分で交渉をされると、保険会社は、自賠責基準前後の金額を上限基準としているようで、なかなかその提示された金額から上がることはありません。
そこで、弁護士に依頼することを薦めます。

すると、たいていの方は、弁護士に依頼するとお金がかかって赤字になるとお考えのようです。
ここからは私の報酬基準で説明しますので、ご自分が依頼される弁護士の報酬基準とは異なるかもしれませんので、その点をご留意ください。
この件で依頼を受ける場合、経済的利益は金額のアップが期待できる50万円ですので、これに私の報酬基準を当てはめると着手金が10万円になります。
この結果、50万円の金額アップを実現できると報酬金は、弁護士が依頼を受けた後にアップした50万円を基準にし、その16パーセントですので、8万円です。
50万円から弁護士費用合計18万円を控除した32万円が手元に残ることにはなります。
もちろん50万円丸々アップすることは交渉では難しいですが、10万円しかアップしない場合でなければ赤字になることはありません。
弁護士報酬については、これまで市民の皆さんに基準を明らかにしていなかったのかもしれません。
私は、ホームページ上で、テレビCMでホームページ上の報酬基準を明らかにしていると言っている東京のどこかの法律事務所よりはるかに早く、私の報酬基準を明らかにしています。参考にされてください。
弁護士は、依頼者の受ける経済的利益を根こそぎ持って行くことは、決してしません。

しかし、アップが期待できる金額が50万円だと、そのために弁護士費用を負担してまでもと躊躇される気持ちも分からないではありません。
その場合は、ご自分が加入している任意保険の弁護士特約を利用すると、ご自分で弁護士費用を負担しなくても、弁護士に依頼することができます。
この制度を知らない方も結構いらっしゃるようです。
せっかく弁護士特約として、少し保険料を高めに払っているのですから、是非利用してください。
きっと役に立つと思います。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。