熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

法科大学院の存在意義

裁判官、検察官、弁護士になるには、予備試験を受けるか、法科大学院に進学しなければなりません。
法科大学院は、平成16年に設置されたもので、私はそこで学んだことがありませんので、どのようなものかは知りません。
ただ、準備段階において、ある大学で実施された、その大学の法科大学院で行われると想定された模擬授業に参加させてもらったことがあります。
正直その大学の法学部の延長線上の内容で、実務に役に立つようには思えませんでした。
招待されたその地の地方裁判所の所長も、「実務であまり接することがない議論で勉強になりました。」というような、皮肉ともとれるコメントを言われていました。
ところで、法科大学院のうち、入試の受験倍率が2倍未満で、修了者の司法試験合格率が過去3年とも全国平均の半分以下の法科大学院については、交付金、補助金を減額するという動きがあるようです。
本来は、法科大学院修了者の7割が司法試験に合格するような米国型の制度を目指して創設されたのが、法科大学院修了者の7割が司法試験に不合格する現状を作った原因は、法科大学院の定員の多さにあることは明らかです。
法科大学院に通うためには多くのお金が必要なようですが、7割の人はそのお金が無駄になっています。
法務修士という役に立たない学位を得ることができるだけです。
時代が時代であれば一揆が起こってもおかしくない制度です。
現状のままの法科大学院であるならば、法科大学院がない方が受験生にとって損害が少ないはずです。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。