熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

離婚

ローン付き住宅の売却

離婚の財産分与の中で、ローン付きの自宅を売却して精算しようと考えているご夫婦もいらっしゃるかもしれません。
自宅を売却して、売却による利益を分配しようとお考えのようです。
ところで、ローン付き住宅の売却において、ローン会社の存在を抜きにして考えることができません。
ローン会社は、住宅ローンを組む際に担保を取ります。
連帯債務者、連帯保証人も担保ですが、抵当権を設定します。
この抵当権というものは、抵当権が設定されている住宅が売却されてからといって消えるものではありません。
他方で、抵当権が付いたままの住宅を買いたいと思う人は少ないです。
なぜなら、その抵当権が担保している住宅ローンが支払われなくなれば、抵当権を持っている人から競売を申し立てられ、その住宅を失うという事態になる危険性があるからです。
だから、抵当権付き住宅を売却するには、ローン会社にその売却代金から弁済して、抵当権を抹消してもらう必要があります。
残っている住宅ローンより安い金額での売却になることが多いので、そのような場合でも、抵当権を抹消してもらえるよう、事前に話合いをしておく必要があります。
このように処理をしますので、ローン付き住宅の売却を行う場合、その売却代金の大部分をローン会社に支払うことになり、残った金額があれば分与することができます。
そして、債務が残った場合、その債務も分与の対象とするか否かをきちんと話し合っていた方がよいです。
ローン付自宅を売却して、お金が残ったら私にも分けて欲しいけど借金が残ったらあなた1人で払ってでは、なかなか合意ができにくいと思います。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。