熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

離婚

ローン付き住宅の分与

住宅ローンと離婚に伴う財産分与のお話の第3弾です。
ローン付き住宅を分与することもあるようです。
その際、抵当権は、住宅に付いてきます。
抵当権は、仮に住宅ローンの支払いがなされなくなれば、抵当権を設定している住宅を競売にして、その競落代金から優先的に回収するという強い力を持っています。
もちろん、競売で競落されると言うことは、住宅が人手に渡ると言うことを意味します。
通常は、夫が住宅ローンの債務を負担していることが多く、この住宅を妻が分与されるとき、妻が住宅ローンを実質的に負担することが一般的な気がします。
しかし、ローン付き住宅を妻に分与しながら、夫が引き続き住宅ローンを負担し続けることがないわけではありません。
このような合意を当事者で行えば、それは有効な契約になります。
この場合、分与を受ける方で意識しておかなければならないことは、元夫が住宅ローンを滞納していても、住宅を現実に使用している妻が、住宅ローン会社から当然に通知を受けられるというわけでもなく、また、個人情報保護法により、住宅ローン会社に問い合わせても回答を受けることができるとは限りません。
最悪の場合、ある日突然に、自宅に競売開始通知が裁判所に届くこともあり得ます。
ただ、そのようなリスクがありますが、分与をするというのであれば譲り受けておいて損はないと思います。
原則的な考え方をすれば、住宅ローンを負担しないままローン付き住宅を取得することはできないはずです。
それが取得でき、生活の基盤を急いで探す必要がないというメリットがあります。
また、仮に住宅を競売で失うことがあれば、分与を受けていた元妻は、元夫の債務を自らの財産で担保してした立場(この立場を物上保証人といいます。)により、失った財産についての弁償(これを「求償」といいます。)を求めることができます。
つまり、住宅ローンをふたんしないままローン付き住宅の分与を受けることができるのであれば、分与を受けた方がお得だといえます。
ただ、これは滅多にあり得ることではありません。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。