熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

交通事故

お金がかかるところにはかかる

ガン治療というものがあります。
妻の闘病生活の後半は、毎月100万円が費用は軽くかかっていました。
これは自由診療を受けていたのではなく、健康保険の範囲内の治療を受けた上での金額です。
もちろん、高額医療で一部は戻ってきます。
医は仁術という言葉があります。
しかし、お金がないことで治療の継続をあきらめざるを得ない方もいらっしゃることと思います。
権利・利益の実現についても似たようなことがいえると思います。
例えば、離婚問題。
相手に不貞の事実があれば、離婚手続を有利に進めることができます。
その不貞の証拠を裁判所に提出するためには、少なからず費用がかかることがあります。
例えば、調査会社に調査を依頼して、不貞の証拠を集める方法があります。
ただ、この方法をとると、少なくとも20万円から30万円かかってしまいます。
サスペンスドラマのように、弁護士自らであるとか、事務員が尾行をしたりして、証拠を集めることなどしません。
そんなことをすれば、多くの依頼者の事件処理が大幅に遅れてしまい、ご迷惑をおかけすることになります。
貸金請求についても同じことが言えます。
裁判所は判決を下すだけで、相手方の財産を調べることはしませんし、もちろん、弁護士に調べるノウハウはありません。
このような場合にも、調査会社に依頼することがありますが、やはりそれなりの費用がかかります。
他方で、証拠を残すためにICレコーダーでの録音をお薦めすることがありますが、この録音をそのまま裁判所に提出しても、証拠として調べてもらえません。
録音内容を文字にする反訳という作業が必要ですが、これも専門業者がいます。
費用を払えばこの反訳業者が反訳してくれます。
交通事故や刑事裁判で鑑定が必要になることがあります。
この鑑定も、多くの費用がかかることがあります。
また、被害者のいる刑事事件では、被害者と示談ができるか否かが処分結果に影響することが多いですが、示談にも多くのお金がかかります。
そう言うことを考えると、権利・利益を実現するためにもお金がかかることが多い、きれいごとだけですませることはできないと思います。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。