熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

刑事事件

当番弁護士

今日は当番弁護士の担当日でした。
当番弁護士は、逮捕・勾留された方の要望により、1回だけ無料で弁護士が駆けつける制度です。
被疑者国選弁護人制度が導入され、当番弁護士制度が全国的に変わってきていますが、熊本県弁護士会でも、被疑者国選弁護人が選任できる案件には当番弁護士を派遣しないように、制度が変わってきています。
その影響でしょうか、当番弁護士の出動要請も、5年ほど前に比べると信じられないくらいに減少しており、出動要請がない日も珍しくなくなりました。
そのような状況の中で、私は複数の警察署に出動しました。
5年ほど前に当番弁護士に出動要請が1日に10件前後で推移していたことから、それまで1人であった当番弁護士を複数にすることを提案しました。
そのときも、当番弁護士を複数にすることに大きな抵抗がありました。
弁護士会は、割と保守的なところがあります。
ただ、これは裁判所、検察庁にも共通する体質かもしれません。
話はそれましたが、そのときの提案が実を結んで現在の当番弁護士は1日に2人です。
そのような体勢で私が複数の警察署に行ったのですから、最近にしては多い日でした。
帰りは高速道路を使いました。
今日は土曜日です。
2代前の内閣のお陰で高速料金が安くてすみました。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。