熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

交通事故

見ていたら

交通事故の被害に遭われた方は、相手が一方的に過失があると考えられる傾向にあるようです。
交通事故では、過失割合がよく取りざたされます。
過失割合というのは、その交通事故についてどの程度落ち度があるかについて当事者の割合をいいます。
この過失割合には、基本的な過失割合とこの過失割合を修正する修正要素というものがあります。
修正要素とは、当事者の一方に著しい過失があるであるとか、住宅地の中であるなどの事情で、それぞれの過失割合で考慮できる修正要素があります。
この修正要素まで加味すれば、当事者の一方のみに過失がある、つまり過失割合が10:0の事案は出てきますが、基本過失割合が10:0のものはとても少ないものです。
ところで、「相手は私を見ていなかった。」と話される方は少なくありません。
残念ながら、「見ていなかった」という修正要素はありません。
ちなみに、見てなくてぶつけた場合と、見ていてぶつけた場合で、見ていてぶつけた方が責任が軽いとは言いにくいのではないでしょうか。
交通事故の原因でもっとも多くの割合を占めるのは、前方不注意です。
見ていないから交通事故を起こすのです。
見ていてぶつけたのであれば、目を向けていたが考え事などをしていて注意が散漫だった場合もあるでしょうが、そこに人や車両などがあることを認識しながらぶつけたのなら、それは過失ではないでしょう。
見ながらぶつけた、ぶつけてもよいと思いながらぶつけたのなら、運転殺人罪、運転殺人未遂罪、運転傷害罪という故意の犯罪といえます。
見ていたのなら故意の犯罪になる可能性もあるのです。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。