熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

交通事故

保険求償

私は、損害賠償保険として自動車賠償責任保険、弁護士賠償保険、個人賠償保険をかけています。
他人に損害を被らせるのは故意ばかりではありません。
もちろん他人に損害を被らせないように注意を払わなければなりませんが、万一他人に損害を被らせた場合の備えは必要です。
保険というのは、保険契約上の事実(保険事故)が発生したときのために、多数の保険契約者から資金を集めて備えておく制度です。
保険事故が発生したときに、保険契約者が保険金を取得できるのは、保険契約上の権利です。
ところで、交通事故の場合は、保険契約者でなく被害者に対して保険金が支払われます。
これは、保険会社が被害者である第三者に保険金を支払うように保険契約により定められているからです。
ところで、保険事故が第三者の故意又は過失がある行為により保険事故が発生した場合、保険会社は保険契約に基づいた保険金を支払います。
例えば、第三者の放火により住居が焼失すれば、保険会社から火災保険金が支払われます。
すると、保険会社は、この火災保険金を支払った損失を自らかぶるかと言えば、そんな馬鹿なことはしません。
保険会社は、放火をした第三者に対して、支払った火災保険金の金額を支払うように請求します。
これを保険求償といいます。
交通事故で、加害者が任意保険に入っていないとき、自らが契約している保険会社から保険金が支払われることがあります。
すると、それでお金の問題は終わると考えていられる方もいらっしゃるようです。
そんなことはありません。
交通事故でも、被害者が自らが契約している保険会社から保険金の支払いを受けた場合、その保険会社は加害者に対して保険求償を行います。
あまり知られていないことなのかもしれません。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。