熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

他の弁護士にご相談ください

日弁連が、過払い金請求の報酬の上限を定めるという報道がなされています。
私は、法テラスの報酬基準よりも低い報酬基準で行っていますので影響はありませんが、相談料0円、着手金0円で目くらましをして高額な報酬を得ていた同業諸氏には、大きな影響があるかもしれません。

ところで、弁護士がどのような立場にあるのかを理解されていない方が少なくありません。
法律は、すべての人に平等に適用されます。
しかし、弁護士は、潜在的にはすべての人の権利・利益を守りますが、現実には依頼者の権利・利益を守ります。
弁護士業界には、弁護士職務基本規定という内部規定があります。
その弁護士職務基本規定では、依頼・相談を受けた案件の相手方の依頼、相談を受けることを制限しています。
もしこれを許せば、依頼されたり、相談されたりされる方が、安心して弁護士に秘密を打ち明けて依頼したり、相談したりできなくなります。
だから私たち弁護士は、依頼・相談を受けた案件の相手方の相談を受けることができません。
相手方の方から「私はどうすれば良いんですか。」と電話がかかることがあります。
そのようなとき、私は、「他の弁護士にご相談ください。」と応えています。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。