熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

節分

今日は節分でした。
明日は立春。
寒さはしばらく続きますが、明日から春です。
司法試験の合格する前の受験生時代、夜間工事の交通誘導警備をしていました。
7年くらい前に、フジ系でミムラ主演でビギナーという司法修習生をあつかったドラマがありました。
熊本で実務修習をした同期の司法修習生の中にフジテレビに友人がいた修習生がいて、その修習生に取材の電話がかかったことがありました。
そして、そのドラマで夜間工事の交通誘導警備をしながら勉強をして、ある程度の年齢で合格したという設定の役柄がありました。
その役柄は私がモデルかなと思ったものです。
単なる思いこみです。
夜間工事の交通誘導警備をしていると、熊本の夜の寒さが身にしみます。
そのときは、節分であるとか、東大寺二月堂のお水取りのニュースなどで、春を待ちわびていたものでした。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、節分は年に4回あります。
立春の前だけでなく、立夏、立秋、立冬の前にそれぞれ、季節の分かれ目としてあります。
その中で、立春の前の節分のみが行事として定着しているのは、春を待ちわびる気持ちを多くの人が持っているからでしょう。

そう言えば、大相撲の八百長が発覚したニュースが流れています。
何年か前に大相撲の八百長を報道した雑誌が、名誉毀損で損害賠償の支払いを命じられる判決を受けたニュースがありました。
名誉毀損事件では、公共性がある事実について、報道に公益目的があり、報道内容が真実であることが証明されれば、責任を免れます。
今回の事件で、遡って八百長が証明されれば、再審請求も可能だと考えます。
再審請求は、刑事事件でよくニュースになりますが、民事事件でも行うことができます。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。