熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

想定するべきだったか。想定することができたか。

東日本大地震・東北関東大震災の状況が落ち着かないうちに静岡県東部で大きな地震があったようです。
関東の方は大変な思いをされていることでしょう。
お見舞い申し上げます。
東日本大地震・東北関東大震災の犠牲者が1万人を超える勢いです。
大津波によるところが大きいでしょうが、あまりにも大きな被害です。
さらに、福島第一原発でも爆発が起こり、放射能物質の拡散が心配されます。
ところで、福島第一原発の最初の爆発が起こったことを伝える報道番組の中で、キャスターが、専門家に、想定できたのではないかと詰め寄るシーンがありました。
ふと、平成13年9月11日にニューヨークで起きた同時多発テロでの報道を思い出しました。
1機目の旅客機が世界貿易センタービルに突っ込んだとき、防災センターからフロアーで落ち着いて待機するように放送があったそうです。
防災センターは地階又は1階にあることが多いです。
すると、防災センターでは、高層階に旅客機が突っ込んだなど分かるわけがなく、そんなことが起こるとは考えられませんでしたので、想像することもできなかったでしょう。
防災センターは、大きな地震が来たと考えたのでしょう。
そこで、件の放送になったと思われます。
その報道で、キャスターは、今回のように、防災センターが、フロアーで待機するように指示したことを非難していました。
しかし、報道は、過去に起こった出来事を伝えます。
解答が分かっている問題集を解いているようなものです。
未来から過去を非難することは簡単です。
しかし、世界貿易センタービルの防災センターが、旅客機がビルに突入することを想定するなんて無理だと思います。
今回の福島第一原発の爆発はどうでしょうか。
設置者にとって、今回の地震とそれに続く津波を想定して、これに耐える構造にすることは無理だったのでしょうか。
日本は地震国です。
また、原子力発電所は、これが破壊されると大きな被害が出ます。
同時多発テロと同じような議論はできないと思います。
起こった結果について、これによる損害・損失を公平の見地からどのように分配するべきか。
その見地から、今回の爆発を想定することができたのか、そして、想定するべきだったのかを検証する必要があると考えます。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。