熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

刑事事件

判決2つ

社会的に耳目を集める判決がありました。
大阪地方裁判所で大阪地検特捜部主任検事であった前田恒彦被告人に対して、実刑判決が下されました。
前科がなく、懲戒免職になっていることを考えると実刑判決は思いと考えられますが、刑事司法に対する国民の信頼を著しく損ねたことを考えれば、実刑判決が相当な案件だといえます。
この事件の後、知人から、検察がそんなことをしているのか、誰でも犯人に仕立て上げることができるのだという驚きの声を聴きました。
検察にそのような危険性があることを国民に知らしめたという点では意義のある事件でした。
そして、名古屋高等裁判所では闇サイト殺人事件の控訴審判決がありました。
死刑を回避した判断でした。
被害者のお母さんにとってはとても悔しい判決でした。
被害者側の利益保護という観点は、現在の刑事裁判において重要な命題になっています。
しかし、裁判が被害者感情に過度に流されるのであれば、それは裁判に名を借りた仇討ちに成り下がってしまいます。
公平中立な第三者が理性的に判断するという裁判の役割は損なわれてはならないと思います。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。