熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

借金問題

自己破産のメリット

自己破産は、債務整理手続の中で最も強力な手続といえます。
特に、負債に占める銀行など消費者金融以外からの借り入れのしめる割合が大きいであるとか、消費者金融からの借入が多くても、その取引期間が短いであるとか、利息が利息制限法の範囲内である場合、借金問題を解決できる最も有力な選択肢は自己破産ということがいえると思います。
しかし、自己破産を必ず選択しなければならないというわけではありません。
自己破産をし、免責許可決定が確定すれば、貸金請求、保証債務請求などの裁判を起こされても債務の支払いを命ずる判決を受けることはありませんし、仮にこのような判決を受けていたとしても給与差押え、口座差押えなどの強制執行を受けることがなくなります。
他方で、差押えを受けるべき給与、口座、生命保険、自動車、不動産などを持っていない場合、いくら多くの負債を抱えていても自己破産をするメリットがどれだけあるかは疑問といえます。
そのような方は、結局、判決を受けても強制執行を受けることがありませんので、その点では自己破産をしている場合とほとんど変わらないといえます。
そして、負債は時間が経過すれば時効により支払いを免れることができます。
ただ、借金の時効が完成する前に、就職して給与を受けるようになったり、預貯金ができるようになったり、生命保険契約をしたり、自動車を購入したり、土地・建物を取得すれば、強制執行を受けるリスクが現実のものとなります。
そうなれば、自己破産をするメリットが生まれます。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。