熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

5月から

今月上旬にも東京に行きましたが、今日の東京は暑かったです。
東京の最高気温は25℃近かったそうです。
節電のために冷房の温度設定を高めにしているのでしょう。
日弁連の会館の中でも汗ばみました。
熊本の最高気温が19℃くらいだそうですから、熊本より東京の方が暑い1日でした。
それでも、夕方の日比谷公園を渡る風は涼しく感じました。
法曹三者という言い方をします。
裁判官、検察官、弁護士の三者をまとめた表現です。
この三者の中で、最も独立性のない立場にあるのが行政官である検察官(検察官の中には検察官は司法官といっている方もいますが)です。
最も独立性が高いのが弁護士です。
その弁護士が所属する弁護士会の会長はもちろん、日本弁護士連合会の会長でさえも、個々の弁護士の職務を指揮、監督したりできる立場にはありません。
会則に反すれば懲戒の対象になりますので、会則にはほとんどの弁護士が従います。
他方で、弁護士には様々な考え方の人がいます。
クールビズについても、ネクタイをしない弁護士はみっともないと考えている弁護士もいるようです。
会議の終わりに日弁連の事務局から連絡がありました。
日弁連ではクールビズを5月から前倒しで実施するそうです。
全国の弁護士が5月から一斉にクールビズになるわけではありません。


一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。