熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

弁護士魂

1泊2日で行われた日弁連刑事弁護センターの合宿が終わりました。
1日目の夜には懇親会が行われ、各地から出席している委員がそれぞれの近況などを報告します。
興味深い話も多くありました。
そのようなところなら登録替えをして、その場所に事務所を移そうかと思えるような話もありました。
しかし、事務所経営者としては、そんなに簡単には登録替えをするわけには生きません。
ちなみに登録替えというのは、ある弁護士会(例えば熊本県弁護士会)から別の弁護士会(例えば大阪弁護士会)に登録を変更するということです。
ところで、弁護士魂は、刑事弁護により培われるという話がありました。
刑事弁護は、強大な捜査力を有する警察、これを指揮する検察、そして有罪率99%の刑事裁判所に対峙し、被疑者・被告人の権利・利益を守らなければなりません。
このような活動の中で、巨大な力に負けない不撓不屈の精神である弁護士魂が培われます。
登録してから1度も刑事弁護をしない弁護士も登場しているとの話も聞きます。
弁護士増員時代を迎え、そのような弁護士も珍しくなくなります。
弁護士魂はどうなるのでしょう。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。